スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

明石商、メンバーに備わった意識~高校野球観戦記~

   

「うちの野球はバントで送って少ないチャンスをものにする」試合後のインタビューで明石商・狭間善徳監督はそう胸を張った。初出場の明石商は劇的なサヨナラスクイズで粘る日南学園を降した。この試合で明石商のバントは7つ。得点には必ずバントが絡んでおり、それは狭間監督の言う明石商の野球だった。この試合の勝負どころと感想を書いていこうと思う。

スポンサーリンク




序盤の吉高壮投手

明石商・吉高壮投手は今大会注目の投手である。しかし、序盤の吉高投手は調子が良いとは言えなかった。球速は出るものの、球は浮き、変化球も抜ける球が多かった。

二回表、日南学園・5番浜本樹選手はその吉高投手の浮いた球を見逃さず、フルスイングでボールをレフトスタンドまで運んだ。しかし、序盤での日南学園の得点はこの1点に終わり、吉高投手は三回以降持ち直し、日南学園は最終回まで抑え込まれることになる。一回の盗塁失敗や、浮いた球の打ち損じなど、調子の上がらない吉高投手を助けてしまった場面もあったように思う。

2アウトになってもバントで送る

明石商は6回まで、日南学園・主将でエースの森山弦暉投手の緩急と内外角投げ分ける巧みな投球に抑え込まれる。

6回裏、待望の先頭打者がヒットで出るも次の打者がおくりバント失敗。しかし、狭間監督の信念は崩れない。

「うちはピッチャーを含めた守りが堅いから二死になってもスコアリングポジションに送ったほうが勝つ確率が高くなる。」

この言葉通り、1アウト一塁からバントで二塁に送る。続く打者がライト前に運び、二塁ランナーがホームまで帰ってきて同点に追いつく。明石商の野球で同点に追いついたことで流れが明石商に傾く。

八回裏も先頭打者が二塁打で出ると、確実にバントで三塁に送り、スクイズで逆転に成功する。ワンヒットで1点、堅実な明石商の野球である。

九回の攻防

日南学園は追い詰められた九回表、1アウトから二回以来の長打出て1アウト三塁と同点のチャンスを作る。死球を挟んで、続く打者は二回にホームランを打った浜本選手。見事に期待に応えてセンター前にヒットを放ち、同点に追いつく。

なおも続く逆転のチャンス。しかし、明石商・吉高投手が踏ん張る。後続を三振と外野フライに切って取り、逆転を許さなかった

ピンチの後には必ずと言っていいほどチャンスは来る。九回裏、1アウトのあと、ヒットでサヨナラのランナーが出る。1アウトだが、明石商に迷いはなくバントを試みる。それをフィールディングにも定評のある日南学園・森山投手が二塁に投げるがセーフ。動揺したか続く打者にも死球を与え、1アウト満塁となる。

ここで続く打者の藤井聖也選手に伝令がでる。このとき、私も含め多くの人はスクイズを確信したのではないだろうか。しかしながら、満塁ではタッチの必要は無く、スクイズでも絶妙な技術が必要となる。しかし、その心配はいらなかった。転がしたコース・スピード、三塁ランナーのスタート完璧なスクイズであった。

手に汗握る白熱の攻防は最後まで自分たちの野球を貫き通した明石商に軍配が挙がった。

「野球は確率のスポーツ」という狭間監督、全体が打てるというチームに自信があるから、打順やアウトカウントに関係なく送りバントでランナーをスコアリングポジションに進めるのである。メンバー全員にこの意識が備わっていることによって、明石商にとっての甲子園初勝利を達成できたことは言うまでもない

日南学園・森山弦暉投手

主将であり、エースである森山投手。責任感のある彼だからこそ、敗戦に責任を感じているかもしれない。しかし、森山投手の投球は本当に素晴らしかった。

こういうことを言うと森山投手は嫌がるかもしれないが、160㎝と今大会で最も小柄な投手でストレートの球速も130キロに達しないがコースに投げ分ける巧みなピッチングは目を見張るものがあった。

森山投手の投球は『野球は体格でするスポーツではない、150キロのストレートがなくても制球力があればこれほどの投球ができる』という事を改めて教えてくれた。MAX何キロという言葉が最初にきてしまう昨今の投手評価に一石を投じるような投球であった。胸を張ってほしい、そして夏に更に大きくなった森山投手を見せてほしい。

スポンサーリンク




 - 観戦記