スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

青森山田高校野球部、兜森崇朗監督の挑戦

   

青森県の青森山田高校野球部。スポーツに力を入れており、各クラブ全国レベルの強豪である同校において、野球部は近年苦しんでいた印象がある。そこにOBの兜森崇朗監督が就任し、久しぶりの甲子園を勝ち取った。今回は兜森監督について書いていきたい。

スポンサーリンク




経歴

兜森監督は青森市出身で中学生時代には野球部のエースとして全国大会に進出した事がある。青森山田に入学後も投手として活躍、高校2年の秋の東北大会決勝、高校3年の夏の青森大会決勝、いずれもライバルの光星学院(現八戸学院光星)に敗れ甲子園出場はならなかった。

青森大学に進学し、母校に教員として帰ってきた兜森監督は、中学生野球の指導者になった(青森山田リトルシニア)。そこで結果を残していた兜森監督は2015年夏に監督に就任した。

就任後に迎えた秋季大会で青森大会準優勝では八戸学院光星に敗れたものの、青森3位で出場した東北大会決勝でリベンジを果たし久しぶりの甲子園大会出場を決めた。神宮大会でも東邦を破りベスト4に進出したが、敦賀気比に敗れた。春の甲子園でも初戦で敦賀気比と対戦し0-1で惜敗した

ライバル

青森には八戸学院光星がいて、幾度となく青森山田の前に立ち塞がった。兜森監督も現役時代、その壁に跳ね返されて甲子園出場はならなかった。監督となっての東北大会決勝での勝利は感激だったに違いない。

青森山田にとっても八戸学院光星にとってもお互いの存在が良い刺激になっている。甲子園出場するには必ず倒さなければいけない相手である。切磋琢磨がお互いのレベルを上げている事は間違いない

青森出身

選手を見てみると、青森出身の選手が多くなっている事が分かる。兜森監督自身が中学生の指導者だった事もあり、教え子が入部してくる事もあると思うが、以前に比べたら大きな変化だと言える。

私は決して県外から選手が来る事を悪くいうつもりはない。その学校に魅力があるから選手が集まるのである。その学校で野球がしたいという選手の気持ちが一番なのだ。

青森山田は青森の野球少年にとっても憧れの存在だと思う。県内出身選手が活躍する事で青森山田に入りたいと頑張る野球少年が増える事が今後の躍進に繋がると思う。

自主性

兜森監督は選手の自主性を大切にする。課題を与えてその課題にどう向き合うか任せてみるのだという。チームの事を考える選手を育成するために方向性だけ示して、自主練習を多く取り入れた。

近年は、ボトムアップ理論が広まりそれを採用する指導者が増えてきてはいる。方法自体が分からない選手にはある程度の指導は必要だと思うが、いずれにせよ我慢が必要である。

投手出身監督

兜森監督は投手出身なので時にはバッティングピッチャーとなってマウンドに上がる事もある。現役さながらの球は選手を驚かせている。まだまだ若い兜森監督ならまだしばらくはバッティングピッチャーが出来そうである。

監督がグラウンドに立つことは素晴らしい事だと思う。私は少年サッカーの指導者だが、私が練習に加わると必死で食らいついてくる選手、ボール奪ったときの自信に満ちた表情、何より選手との距離が縮まる気がする。今の子供たちにとって指導者との距離感は大切な要素ではないかと私は考える。

最後に

兜森監督は自ら中学生野球を指導して地盤をつくり、高校野球にて花開きつつある。これからの青森山田の躍進が期待される。兜森監督と、青森山田の活躍を期待している

スポンサーリンク




 - 野球