スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

サッカー日本代表に必要なボランチの選手を考察してみる

   

ロシアワールドカップの最終予選も大詰めである。日本代表はボランチに不安を抱えいる長谷部誠選手は負傷のため欠場、代わりに入って活躍した今野泰幸選手も負傷してしまった。タイ戦では酒井高徳選手がボランチを務めたが、彼の本来の位置はDFである。

新たな戦力の補強が必要不可欠であると思うが、ハリルホジッチ監督の頭の中にはどのような選手が浮かんでいるのか。非常に興味がある。新戦力を私の思いを含めて考えてみた。

スポンサーリンク




青山敏弘選手

間違いなく日本人トップレベルのボランチである。圧倒的な運動量、献身的な守備、攻撃に繋げる正確なフィードなど、どれをとっても素晴らしい能力である。

代表での経験は少ない方だが、ブラジルワールドカップも経験している。サンフレッチェ広島では象徴的な選手である。私も青山選手のプレースタイルは好きであり、苦しい時にこそ、ベテラン選手の力が必要であると考えている。

細貝萌選手

海外経験豊富な細貝選手も貴重な戦力であると考えられる。サッカーのトップレベルであるドイツでの経験は大きい。しかも、レギュラーとしても活躍、複数ポジションもこなせる。DF技術の高いドイツでセンターバックをした事もある。

帰国して柏レイソルに所属。ハリルホジッチ監督の目にも届きやすい位置にいる。ボランチの有力候補と言っていい。元々、もっと日本代表に呼ばれてもよかったようにも感じる。期待できる選手である。

加藤恒平選手

ブルガリアでプレーするハリルホジッチ監督の秘密兵器と言われている選手。モンテネグロ、ポーランド、ブルガリアと渡り歩いた侍である。強靱なフィジカルと当たりの激しいモンテネグロでもレギュラーとして活躍、チームを優勝に導いた。

正直なところ、一度合宿に呼んでみて欲しいところである。ハリルホジッチ監督の重要視する球際の強さを備え何処へ行ってもレギュラーとして重宝される。試合感覚の問題は微塵も無い。環境の悪いグラウンドでの試合もこなしており、アウェー中東での試合にも不安は無い。私としてはイチオシの選手である。

この3選手はあくまで私の思いが先行してしまっているが、本当に素晴らしい選手達である。加藤選手はハリルホジッチ監督が会見で名前を出すまで、知らなかった人がほとんどだったと思う。

帰国すると必ず地元でサッカー教室を開いている。私も話した事があるが、負けず嫌いのサッカー小僧といった印象である。フィジカルが注目されているが、シュート技術にも長けている。正直な心情としては、是非一度代表に呼んでもらいたい。

首位を走る日本代表に、イラク、オーストラリア、サウジアラビアといった強豪が襲いかかる。本当に戦いはこれからである。必死で応援したい。

スポンサーリンク




 - サッカー