スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

白鵬VS稀勢の里 白熱の戦いの歴史

   

白鵬関と稀勢の里関、大相撲の人気低迷期から対戦してきたこの両力士。今や双方横綱となり、空前の相撲ブームを支えている。2001年3月場所で初土俵を踏んだ白鵬関、1年後の2002年3月場所で初土俵を踏んだ稀勢の里関。同じ時代に生まれた両力士の激闘を振り返っていきたい

スポンサーリンク





2003年9月場所 13日目
白鵬◯(切り返し)●萩原

萩原時代の稀勢の里関が破竹の勢いで番付を駆け上がってきた。白鵬関は当時幕下23枚目18歳、稀勢の里関(萩原)は幕下35枚目当時17歳。お互い5勝1敗で迎えた幕下でいう最終日の七日目だった。

立ち合いから、今でも強力な武器である左おっつけから責める萩原に対して、耐える白鵬。萩原の左の突き落としをこらえるも、体勢が崩れた白鵬に対してトドメを刺さんと突進する萩原を白鵬がいなす。土俵際まで突っ込んで行った萩原だったが、残して素早く反転し白鵬を受け止め突き返す。つっぱりや張り手も飛び交う激しい攻防の末、下手を取った白鵬が豪快な切り返しで勝利した。

幕下の相撲とは思えない早く激しい好取組。今後の両力士の対戦が楽しみになる一番だった。しかし、その後、白鵬関はものすごい勢いで番付を駆け上がっていってしまった。次に両力士が対戦したのは3年間後の事だった。

2006年5月場所 4日目
白鵬◯(下手投げ)●稀勢の里

既に大関に昇進していた白鵬関に対して、ようやく幕内の前頭筆頭という地位まで上がってきた稀勢の里関が対戦した。

立ち合いでのど輪から攻め込む稀勢の里は強い圧力で白鵬を後退させる。しかし左下手でがっちり受け止めた白鵬が左下手投げで勝利し、大関の強さを見せつけた。

2006年7月場所 1日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

立ち合いで左が入り良い形になった稀勢の里は右上手も取って優勢かに見えた。しかし白鵬のまわしを切る技術が炸裂し、右も巻きかえて双差しになった白鵬が寄り切って勝利した。

2006年9月場所 4日目
稀勢の里◯(突き落とし)●白鵬

稀勢の里が初めて白鵬を破った一番。左張り差しを狙った白鵬に対し、左のおっつけ、右の突き放しで白鵬の体を浮かした稀勢の里。稀勢の里の右に回り込もうとする白鵬の首を押さえ付けての突き落としで稀勢の里が勝利した。

2007年1月場所 4日目
稀勢の里◯(突き落とし)●白鵬

2007年3月場所 1日目
稀勢の里◯(突き落とし)●白鵬

2007年5月場所 8日目
白鵬◯(押し出し)●稀勢の里

2007年9月場所 6日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

2007年11月場所 4日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

2008年1月場所 6日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

2008年3月場所 7日目
白鵬◯(下手出し投げ)●稀勢の里

2008年5月場所 8日目
白鵬◯(下手投げ)●稀勢の里

2008年7月場所 1日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

2008年9月場所 5日目
稀勢の里◯(押し出し)●白鵬

2008年11月場所 8日目
白鵬◯(外掛け)●稀勢の里

2009年1月場所 8日目
白鵬◯(押し出し)●稀勢の里

2009年3月場所 11日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

2009年7月場所 7日目
白鵬◯(突き落とし)●稀勢の里

お互いに激しい突き放しから白鵬が土俵際まで追い詰める。白鵬の右に回り込もうとした稀勢の里だったが左足が滑って流れ、体が落ちてしまった。

2009年9月場所 9日目
白鵬◯(掬い投げ)●稀勢の里

立ち合いは稀勢の里有利、左のかちあげから一気に白鵬を持って行こうとした。前に出てくる稀勢の里に対し白鵬の絶妙なタイミングの右掬い投げが決まり白鵬が勝利した。

2009年11月場所 1日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

2010年1月場所 8日目
白鵬◯(下手投げ)●稀勢の里

2010年3月場所 5日目
白鵬◯(叩き込み)●稀勢の里

2010年5月場所 10日目
白鵬◯(押し出し)●稀勢の里

2010年7月場所 10日目
白鵬◯(掛け投げ)●稀勢の里

2010年9月場所 7日目
白鵬◯(押し出し)●稀勢の里

スポンサーリンク





2010年11月場所 2日目
稀勢の里◯(寄り切り)●白鵬

63連勝中の白鵬を稀勢の里が止めた一番
右の張り差しで稀勢の里を土俵際まで追い詰める白鵬、右からの突き落としでこらえた稀勢の里は逆にはず押しで白鵬を追い詰める。
左差し右上手の稀勢の里万全の体制になり、白鵬も外掛けを繰り出しこらえようとするも稀勢の里が力強く寄り切った。

2011年1月場所 11日目
稀勢の里◯(押し出し)●白鵬

立ち合いから左のおっつけで白鵬のバランスを崩させた稀勢の里はその勢いで押し込んでいく。白鵬は突っ張りで応戦し、稀勢の里の左に変わり回り込もうとするも稀勢の里がしっかり付いてきて押し出した。

2011年5月場所 10日目
白鵬◯(押し出し)●稀勢の里

お互い激しい突っ張り合いが続き白鵬が引く場面があり、稀勢の里が追い詰める。白鵬は慌てずしっかり稀勢の里を見て対応、最後は土俵の外に押し返した。

2011年7月場所 10日目
白鵬◯(上手投げ)●稀勢の里

立ち合いから稀勢の里を押し込んだ白鵬。稀勢の里は土俵際で残し前にでたが、白鵬にがっちり右差し左上手をとられ、上手投げに屈した。

2011年9月場所 12日目
稀勢の里◯(小手投げ)●白鵬

立ち合いから左のはず押しで攻める稀勢の里。上体が流れた白鵬の右腕をがっちり捉えた稀勢の里は小手に振り続け、投げきった。

2011年11月場所11日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

やや立ち遅れた稀勢の里だったが突きで応戦する。序盤、白鵬は稀勢の里の腕を執拗に狙い続けたようにみえたが、一瞬の隙に右をねじ込み、下手を取った。左廻しは与えないように動いた稀勢の里だったが、白鵬は右下手出し投げを打って稀勢の里のバランスを崩して寄り切った。

2012年1月場所 11日目
白鵬◯(押し出し)●稀勢の里

立ち合いから稀勢の里の右腕をとってバランスを崩した白鵬はそのまま前に出る。稀勢の里が無理にはたいてしまった瞬間を見逃さず一気に押し出して白鵬が勝利した。

2012年3月場所 13日目
稀勢の里◯(押し出し)●白鵬

立ち合いから左おっつけで白鵬のバランスを崩した稀勢の里がそのまま白鵬の後ろをとり、振り向こうとする白鵬を押し出した。

2012年5月場所 13日目
白鵬◯(寄り倒し)●稀勢の里

右張り差しで中に入った白鵬が一気に稀勢の里を土俵際まで持っていった。粘った稀勢の里だったがそのまま寄り倒して白鵬が勝利した。

2012年7月場所 14日目
白鵬◯(叩き込み)●稀勢の里

立ち合いが合わず、お互い突っかける不穏な空気の中、立ち合いでまさかの変化を見せた白鵬がそのまま叩き込んだ。

2012年9月場所 14日目
白鵬◯(叩き込み)●稀勢の里

左張り手から右肘を出す白鵬得意の立ち合いも、稀勢の里は動じなかったが突っ張りで白鵬が優位にたち、押し込んでからの叩き込みで白鵬が勝利した。

2012年11月場所 13日目
白鵬◯(押し出し)●稀勢の里

1度目の立ち合い合わず、立ち遅れた稀勢の里を一気に白鵬が押し出した。

2013年1月場所 14日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

白鵬の張り手からの立ち合い、稀勢の里も応戦するが白鵬の右が入り万事休す。寄り切りで白鵬が勝利した。

2013年3月場所 12日目
白鵬◯(上手投げ)●稀勢の里

右の張り手から左をねじ込んだ白鵬。稀勢の里も左が入ったが白鵬は右上手をとって稀勢の里の左をつかわせず、右上手投げで勝利した。

2013年5月場所 14日目
白鵬◯(掬い投げ)●稀勢の里

張り手から左に変化した白鵬をについていった稀勢の里。左四つに組んでの力の入った大相撲。両廻しを取った白鵬が掬い投げで勝利。最後はお互い倒れ込んだ死闘を横綱の意地が制した。

2013年7月場所 14日目
稀勢の里◯(寄り倒し)●白鵬

なかなか立ち合い合わず、張り手で立った白鵬、取り組み中張り手に拘るような場面がみえた。稀勢の里は冷静に白鵬を見て不十分な右四つだったが一気に寄り倒した。

2016年9月場所 14日目
白鵬◯(叩き込み)●稀勢の里

立ち合いで左が入り優位に立った稀勢の里だったが、白鵬が左右に振って何とかこれを凌ぎ、離れて突き合いになった所を叩き込んだ。

2013年11月場所 14日目
稀勢の里◯(上手投げ)●白鵬

仕切りで激しくにらみ合った両者。立ち合いから稀勢の里得意の左四つに組み止め、投げの打ち合いを稀勢の里が制した。

2014年1月場所 13日目
白鵬◯(押し出し)●稀勢の里

左喉輪から突っ張りで攻め続けた白鵬。稀勢の里に廻しを与える事なく押し出した万全の相撲だった。

2014年3月場所 12日目
白鵬◯(押し倒し)●稀勢の里

立ち合いで待ったがあり、先場所同様、稀勢の里に廻しを与える事なくつき押しで攻めた白鵬が押し倒しで勝利した。

2014年5月場所 12日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

3度目の立ち合いでようやく立ったが、完全に立ち遅れた稀勢の里を左張り手からの右肘で上体を浮かせた白鵬がそのまま寄り切った。

2014年7月場所 13日目
稀勢の里◯(小手投げ)●白鵬

左張り手から立った白鵬に対し動じず白鵬の右肩に当たっていった稀勢の里。白鵬の右肘を防ぐとつき押しで攻める稀勢の里。白鵬はとったりで稀勢の里のバランスを崩し追撃を狙った。稀勢の里は直ぐに体制を立て直して応戦、強引に攻める白鵬を土俵際逆転の小手投げで破った。

2014年9月場所 12日目
白鵬◯(寄り倒し)●稀勢の里

立ち合い、少し右に変わって双差しとなった白鵬がほとんど稀勢の里に何もさせずに一気に寄り倒した。

2014年11月 12日目
白鵬◯(上手投げ)●稀勢の里

立ち合いから白鵬得意の右四つになり、先場所同様稀勢の里に何もさせず、タイミングも完璧な左上手投げで勝利した。

2015年1月場所 13日目
白鵬◯(押し倒し)●稀勢の里

張り手から一気に持って行こうとした白鵬に対して小手投げを打った稀勢の里。両者の体が落ちるのが同時として取り直しとなった。

取り直しの一番も張り手から立った白鵬だったが稀勢の里がいなして白鵬のバランスを崩すも直ぐに立ち直った白鵬が強烈なおっつけで稀勢の里を押し倒した。

2015年3月場所 14日目
白鵬◯(突き落とし)●稀勢の里

立ち合い当たって右に変わった白鵬。稀勢の里は両足が揃ってしまい前に落ちた。

2015年5月場所 14日目
稀勢の里◯(突き落とし)●白鵬

張り差しから右の肩をぶつけて攻める白鵬だったが、不十分な体制だったため土俵際で稀勢の里の逆転の突き落としに屈した。

2015年7月場所 14日目
白鵬◯(寄り切り)●稀勢の里

左張り手右肘の立ち合いで稀勢の里を崩した白鵬が半身になった稀勢の里を抱え込むように寄り切った。

2015年11月場所 11日目
白鵬◯(叩き込み)●稀勢の里

立ち合いバランスを崩した白鵬だったが立て直し押し込んでこようとする稀勢の里に絶妙のタイミングで叩き込みが決まった。

2016年1月場所 14日目
稀勢の里◯(押し出し)●白鵬

立ち合いから左のおっつけで一気に稀勢の里が押し出した。

2016年3月場所 11日目
白鵬◯(寄り倒し)●稀勢の里

立ち合い、左をねじ込んだ白鵬は不十分な体制ながらも腕を返して一気に寄り倒した。

2016年5月場所 13日目
白鵬◯(下手投げ)●稀勢の里

張り差しを狙った白鵬だったが稀勢の里得意の左四つになる。攻め込んだ稀勢の里だったが白鵬はこらえ、常に自分から攻め続けた。最後は下手投げが決まり横綱の強さを見せつけた。

2016年7月場所 14日目
稀勢の里◯(突き落とし)●白鵬

右肩を当てて押し込んでいった白鵬。稀勢の里は土俵際で残して逆転の突き落としで勝利した。

2016年11月場所 10日目
稀勢の里◯(寄り切り)●白鵬

立ち合い右を差しにいった白鵬に対し左の突き落としでバランスを崩さした稀勢の里。追撃を狙うも白鵬は直ぐに立ち直り反撃、押し合う展開になり白鵬が土俵際まで追い詰めるも稀勢の里が残す。一瞬間が空いて組み合った時に稀勢の里の形になり、そのまま両廻しを取って寄り切った。

2017年1月場所 15日目
稀勢の里◯(掬い投げ)●白鵬

立ち合い強く当たった白鵬が不十分な形だったががぶりながら一気に押しだそうとする。稀勢の里は土俵際で弓なりになって残し、左の掬い投げで勝利した。この場所後、優勝した稀勢の里の横綱昇進が決まった

スポンサーリンク




 - 相撲