スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

花巻東高校野球部、佐々木洋監督の育成法

   

菊池雄星選手、大谷翔平選手を輩出し、その育成方針に定評のある花巻東高校の佐々木洋監督。そんな佐々木監督の経歴や、選手育成法を調べてみた。

スポンサーリンク




経歴

岩手県の黒沢尻北高校から国士舘大学に進学、野球部に所属して活躍する。大学卒業後、横浜隼人高校野球部のコーチに就任し、指導者としての経験を積む。

2002年に地元岩手の花巻東高校野球部の監督に就任する。当初は試合をしても簡単に負けてしまうような実力だった花巻東を就任わずか3年で甲子園出場に導く。その際は初戦敗退だったが、地道な育成が実り、2009年菊池雄星投手(埼玉西武ライオンズ)を擁して春夏連続で甲子園に出場する。春は準優勝、夏はベスト4の結果を残す。

そんな花巻東に憧れて入部してくる生徒も増え、大谷翔平選手、岸里亮佑選手(共に日本ハムファイターズ)、高橋樹也投手(広島東洋カープ)など、好選手を輩出した。そんな佐々木監督の育成の手腕も高く評価されている。

選手が主人公

就任当初の勝てない時期に佐々木監督の練習を見にきた大学時代の恩師のアドバイスを受け、自らが指示を出しすぎて選手から考えて判断する機会を奪っている事に気付いた。

以来、選手達が練習メニューを考え、佐々木監督は要所要所でアドバイスする、いわゆるボトムアップ方式の練習を取り入れた。選手達は考える力がついてきて何でも自主的に行動できるようになってきた。そんな指導が実って初めての甲子園出場を掴んだ。

目標を高く設定

大谷翔平投手が160キロのストレートを投げたのは、目標を163キロに設定していたからである。目標を設定してしまうとそれ以上の結果が出ないという佐々木監督の考えである。

「僕自身がそうなのですが、あの電信柱まで全力で走ろうと思っていたら、その2、3歩手前で抜いてしまう。だから、電信柱の先にゴールを設定します。うちの全力疾走ではベースをゴールにせず、3mくらい先がゴール。その考え方は目標設定でも同じことです」と佐々木監督は語っている。

義務と権利

高校野球の予選でのベンチ入りは20名である。そこに入れない選手が数多くいる。花巻東のように部員が100人を超えるようになると、ベンチに入れない部員も多くなる。

「ベンチ入りした選手たちは打って一塁に走る権利がある、そして走り抜かなきゃいけない義務がある。」と佐々木監督は選手に言い聞かせている。ベンチ入りしてプレーする権利を得たものは全力を尽くす義務があるということである。

大谷翔平選手も

「3年間頑張ってきた仲間に対する敬意、今だったらお金を払って見にきてくれているファンの方に失礼の無いプレーや誠心誠意、自分が出来るプレーをしっかりやろうという考えだと思います。」

とその意味をしっかり理解して現在もプロの世界で戦っている。

物事を非常識で考えろ

常識で物事をとらえていれば新たな道は開けない。佐々木監督は選手の成長を促すためにこのような言葉を伝えている

「偉業を成し遂げた人というのは常識で物事を考えない、出来るんじゃないかって考えた人が新しいものを作ってきたんだと思う。物事を非常識で考えろ、人ができなかったことをやってみなさい。」

大谷投手ばかり例に挙げて申し訳ないが、前代未聞の二刀流でプロで活躍する姿からその言葉がどれだけ選手たちに影響を及ぼしているかがわかる。

まとめ

花巻東高校は岩手県の選手が多いのも特徴である。岩手県の野球少年にとって花巻東のユニファームは憧れになってきている。全国の強豪に名乗りをあげたが、まだ全国制覇がない。しかし、そう遠くない未来に花巻東の全国制覇が見られるような気がしている。これからも花巻東に注目していきたい。

スポンサーリンク




 - 野球