スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

花咲徳栄、甲子園を湧かした追い上げ~高校野球観戦記~

   

劣勢の試合をひっくり返す勢いの追い上げだった。惜しくもあと一歩及ばず秀岳館に6-5で敗れた花咲徳栄。四番打者を負傷で欠きながら九州王者に対して真っ向から戦い、好勝負を演じた花咲徳栄の立役者は。また、この試合の勝負どころと感想を書いてみたい。

スポンサーリンク




一回表の攻撃

秀岳館先発は背番号4番の堀江航平投手。その立ち上がりは荒れた。先頭打者に四球も花咲徳栄は送れず3バント失敗の三振。続く打者にも四球を与えるが、四番打者を三振に仕留める。

しかし、その投球は安定せず、続く打者に死球を当ててしまう。ノーヒットで満塁のチャンスを迎えた花咲徳栄だったが、見逃し三振でこのチャンスを逃す。1イニングに3四死球と荒れた堀江投手から先制点を奪えなかったことがその後大きくのしかかる

四番に抜擢された2年生

花咲徳栄は秋まで四番を打っていた隈本達也選手を負傷で欠き、その代わりに四番に抜擢されたのは2年生の西川愛也選手だった。西川選手は一回の攻撃で1アウト一・二塁のチャンスに三振を喫した。

三回、2アウト二塁のチャンスに再び打席が回ってきた。そこで先制となるライト前タイムリーヒットを放ち、花咲徳栄・岩井隆監督の期待に応える。

また、4点差を追う八回表にも一点を返し、更に1アウト三塁の場面でタイムリーツーベースヒットを放ち、点差を縮めるとともに更に得点のチャンスを広げた。急きょ四番に抜擢されながらもその役割を十分に果たしたと言える。

強力打線を抑え込んだ2年生投手

花咲徳栄・注目左腕の高橋昂也投手に対して、六回まで毎回ランナーを出し、一回以降は毎回安打で6得点をたたき出した強力な秀岳館打線。対して、花咲徳栄は七回の頭から2年生の綱脇慧投手をマウンドに送った。

180㎝の長身から投げ下ろす伸びのあるストレートで、七回裏の秀岳館の攻撃をこの試合初めての三者凡退に抑え、八回表の反撃に繋げた。八回裏も連続で三者凡退に切って取り、強力秀岳館打線を完璧に抑え込んだ。

花咲徳栄の反撃はあと一歩届かなかったが、この二人の2年生の活躍は花咲徳栄の今後に向けて、良い影響を及ぼすと思う。3年生は夏に向けて、2年生に負けまいと奮起するであろうし、西川・綱脇両選手は甲子園での経験を活かして成長するであろう。

秀岳館エースの救援

六回から登板して完璧なピッチングをしていた秀岳館の田浦文丸投手が、八回表、先頭打者に死球を与えてから崩れる。花咲徳栄の上位打線に連続長打を浴びて一気に1点差まで追い上げられる。

そこでマウンドに上がったのが秀岳館のエースナンバーを背負った有村大誠投手。いきなりワイルドピッチで同点のランナーを三塁に背負うも、1アウト三塁の同点のピンチにエースは踏ん張り、続く打者を抑え込む。

この場面で同点になるか、抑えるかが勝負を分けたように思う。1アウト三塁、あらゆる得点パターンがあるこの同点のチャンスに花咲徳栄はどうしても同点に追いつきたかった。

高橋昂也投手

今大会注目左腕の高橋昂也投手だった。一回、二回のピッチングからはその評価の高さが分かった。しかし、九州王者の強力打線に三回に連打を浴びた。連打を許したのは三回だけだった。三回に許した5点はあまりにも大きかった。

しかし、仲間たちは決して諦めず秀岳館を追い詰めた。高橋投手は悔しい思いでそれを見ていたと思う「自分の投球ができなかった」と下を向いたが、今日見せられなかった高橋投手の投球を甲子園で見せられるチャンスはまだある。

高橋投手の、いや花咲徳栄の今日の敗戦は、夏に向けてのチャレンジの始まりである。今日活躍した新戦力と共に、夏は高橋投手の投球を見せてほしい。

スポンサーリンク




 - 観戦記