スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

羽生結弦のコーチ、ブライアン・オーサーの指導

   

男子フィギュアスケート、グランプリファイナル王者の羽生結弦選手と世界王者のハビエル・フェルナンデス選手。現フィギュアスケート界を引っ張っている両選手のコーチは同じ人物である。コーチの名前はブライアン・オーサーコーチである。かつてキム・ヨナ選手を指導して、バンクーバーオリンピックで金メダルに導いた。4年後のトリノオリンピックでは記憶も新しい羽生結弦選手を金メダルに導き、2大会連続で金メダリストを育て上げた。そんなブライアン・オーサーコーチの指導の秘密に迫ってみた。

スポンサーリンク




ブライアン・オーサーコーチの経歴

カナダ出身のブライアン・オーサーコーチは当時最高難度のトリプルアクセルを安定して跳ぶことができたため、『ミスター・トリプルアクセル』と称された。

オリンピックでは1984サラエボ、1988カルガリーと連続で銀メダルを獲得。世界選手権では1987シンシナティで金メダルを獲得するなど、世界の第一線で活躍した。

引退後、振付師として日本の男子フィギュアスケートをけん引した本田武史氏のプログラムを手掛けるなど、指導者の道を歩み始めた。

チーム・ブライアン

ブライアン・オーサーコーチのもとでは複数のコーチがリンクの上に立って指導が行われる。また、コーチの得意分野の指導を行う。

野球で言えば、打撃コーチや守備コーチ、走塁コーチがいるようにフィギュアでもジャンプやステップ、プログラムなど様々な分野があり、その分野のスペシャリストが指導に当たる

ブライアン・オーサーコーチ曰く『チーム・ブライアン』はみんなで強力しあって完成度の高い選手を育成していくのである。そして頭角を現してきたのが羽生結弦選手とハビエル・フェルナンデス選手である。

ブライアンファミリー

羽生結弦選手とハビエル・フェルナンデス選手は良きライバルであり、チームメイトである。ブライアン・オーサーコーチもこの二人のお互い高めあっている関係を非常に良いものだと感じている。

ハビエル・フェルナンデス選手の地元バルセロナで行われたグランプリファイナル。史上最高点をたたき出した羽生結弦選手の後で滑るハビエル・フェルナンデス選手のために観客に静かにしてもらうように配慮する羽生結弦選手が映し出された。

闘う対戦相手であると同時に、お互い尊敬しあっていると感じさせる場面であった。

謙虚な姿勢

ブライアン・オーサーコーチは言う。

「私は金メダルの取り方を教えたわけじゃない、選手が全力を出せる環境をつくっただけ。」

そして付け加えられたのが、日本の家族のサポートとファンの応援があってこその羽生結弦選手の活躍だと。指導者としては申し分ないくらいの実績を残しているが、決して前に出ない姿勢は好感がもてる。

これからも多くの選手がブライアン・オーサーコーチの門をたたくと思う。現に良い次世代の選手も育ってきている。しばらくはブライアンファミリーがフィギアスケート界で暴れまわるかもしれない。

スポンサーリンク




 - 未分類