スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

日本ハム、西川遥輝選手、躍進の理由

   

北海道日本ハムファイターズ(以下日本ハム)の西川遥輝選手。端整な顔立ちで人気急上昇であり、走攻守揃った活躍で日本ハムを日本一に導いた。そんな西川選手に迫ってみた。

スポンサーリンク




智弁和歌山高校

西川選手は和歌山県紀の川市出身で、小学生の頃から野球を始め、中学生の頃に所属した打田タイガースでは全国制覇も経験した。高校は名門の智弁和歌山に入学智弁和歌山では異例の春の大会からレギュラーで出場した。

名将・高嶋仁監督の元、1年生から甲子園で大活躍。3年の春には甲子園で高岡商を破って、高嶋監督に甲子園最多勝利記録をプレゼントした。その頃から卓越した走塁技術を有し、高嶋監督でも「私の指導の領域を超えている」と話した

甲子園には春1回、夏3回出場し、7勝している。そんな活躍が評価されて、日本ハムに2位指名を受け、入団が決まった。

プロの洗礼

プロ入りしてからは、プロの速球に全くついて行く事が出来ず、肩の故障などで出遅れた事もあり、ほとんど二軍でプレーする事になった。転機は栗山英樹監督が就任した2年目。栗山監督は西川選手の才能を見抜いて試合での起用を増やした。

内野、外野どこでも守れる西川選手は重宝され、持ち前のスピードにも磨きをかけた。2014シーズンには盗塁王のタイトルも獲得。2015シーズンは苦しんだものの、見事に復活し2016シーズンの日本一獲得に貢献した。

スピード

西川選手を語る上で、まず外せないのはスピードである。盗塁や一塁到達スピードの早さはもちろんの事、特筆すべきは三塁への到達スピードである。そこには西川選手の走塁技術がある。

西川選手はまず、到達地点(二塁か三塁)を決める。到達地点が二塁の場合、ホームから一塁間を曲線を描いて走り抜け、二塁を目指す。到達地点が三塁の場合ホームから一塁間は直線で走り、一塁二塁間で膨らんで二塁三塁間を真っ直ぐ駆け抜ける。この走塁技術で西川選手の三塁打を量産する。

智弁和歌山時代、高嶋監督は盗塁のサインを出した事が無いという。全て初球に走っていた西川選手は対戦した事の無い投手でも大体タイミングが解ったという。打球によって到達地点を決める事からも、西川選手は元々持っているスピードに加え、卓越した観察力、判断力が備わっているのだと思う。

ユーティリティ

西川選手はピッチャーとキャッチャー以外のどこのポジションでも活躍できる。智弁和歌山時代、1年生の頃はサードだった。1年秋にショートも守った。故障してからは外野にポジションを変えたが、プロ序盤ではセカンドで活躍した。

2013シーズンでファーストを守っているのを見て、正に私は西川選手がピッチャーとキャッチャー以外のポジションを守っているのをこの目で見た。しかもプロの世界での話なので本当に器用で才能のある選手である。

打撃強化

西川選手の弱点は打撃だった。高校時代は本塁打も放ちミートもうまかったが、プロの速球にはついて行けなかった。球に当てる事だけ考えるようになり、上半身だけのバッティングになっていた。西川選手は下半身を使わないと上手くスイング出来ない長尺バットで下半身を鍛えた

また、西岡剛選手(阪神)の自主トレーニングで秀島正芳トレーナーに出会ってフィジカル強化を行った。結果、試合展開によっては本塁打を狙って打てる(日本シリーズでのサヨナラ満塁本塁打)くらいパワーアップした。

栗山英樹監督

西川選手を信じ続け、時には盗塁王を争っている時に二軍行きを命じるなど厳しくも優しく指導している栗山監督。栗山監督は「まだまだ才能が出せていない」と西川選手を評する。それ程、栗山監督は西川選手を信頼している。

上記の2016日本シリーズサヨナラ満塁本塁打の後、栗山監督が涙して喜んでいたのが印象的である。西川選手の躍進には栗山監督の存在が大きく影響しているのは間違いない。

まとめ

高校野球ファンでもある私にとって、高校から知っている選手が活躍するのは本当に嬉しい事である。智弁和歌山時代から絶対にプロで活躍すると信じていた西川選手の活躍は本当に嬉しい。これからも私は西川選手を応援し続ける

スポンサーリンク




 - 野球