スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

日馬富士関へ、届かないと思うが一ファンからのメッセージを送りたい

   

昨今の大相撲に関する報道、大相撲の大ファンとして心が痛い。角界の賢者と信じて疑わなかった日馬富士関を失った喪失感も大きい。貴ノ岩関も心配である。まだまだこれからも混乱は続きそうである。警察の捜査が終われば真実は明るみに出るであろうが、現時点での私の気持ちを綴りたい。

私は非常に気になっている事がある。まずは貴ノ岩関が頭から血を流していた時、救急車なり警察なり呼ぶ人はいなかったのか。そして、その事実を各部屋の親方に報告した力士はいなかったのか

報告が無かったから、ここまでの問題になったのは間違いない。そしてよく考えてみると最初の報告を怠ったのは現場に居合わせた力士達ではないのか。

まず貴乃花親方が事実を知った時、警察への被害届を出し、協会への報告も平行して行わなければいけなかったとは思う。しかし、同時に現場にに何人か居合わせた力士が居た中で、誰も(被害者である貴ノ岩関も)親方や協会に報告しなかったという事を知った貴乃花親方の怒りは理解できる。

貴乃花親方はこういった隠蔽体質を生んだ協会を信用できなくなったのではないか。貴乃花親方の報告義務違反を責める前に、現場に居合わせた力士達の責任を問うべきである。

日馬富士関(伊勢ヶ浜部屋)、白鵬関(宮城野部屋)、鶴竜関(井筒部屋)、照ノ富士関(伊勢ヶ浜部屋)、石浦関(宮城野部屋)と分かっているだけでこれだけの力士が居て、中には品格抜群であるはずの横綱が3名も居るのは非常に残念である。

日馬富士関の記者会見で、翌日に貴ノ岩関が謝りに来た事で終わった事だと思っていたとしていたが、私とすれば、頭から血を流した方が謝りに行くのは余りにも異常である。

礼儀・礼節を大切にする人が暴力を振るった上で報告も怠るのは違和感を感じざるを得ない。百歩譲って指導が行き過ぎたにしても、頭から血を流しているのであれば報告はするべきだろう。今までそんな事が無かったのであれば尚更すぐ報告するべきだ。

私は自分の記事にも書いたように日馬富士関の人柄が大好きである。初めてこの件を知った時も何かの間違いだと思っていた。もし万が一そのような事があったとしても余程の理由があったのではと考えた

日馬富士の人柄の記事

未だに理由ははっきりしないが、「日馬富士関が貴乃岩関に暴行し、その責任をとって引退」という事実はこれからも変わる事はない。

悔しい。あんまりだ。

大好きな日馬富士関へ

警察の捜査が終わってからでもいい。もっと自分の気持ちを話しては貰えないだろうか。

小さい身体で横綱まで駆け上がり、ボロボロになりながらも闘い続けた。全身全霊で立ち向かい、二場所連続全勝優勝、また、弟弟子の為にすごい相撲を見せてくれた。

だめ押しはせず、相手をいたわり、怪我をしている相手だと本当に取り辛そうにしていた。

稀勢の里関との横綱対決で稀勢の里関が負傷した時も、勝負事と言いながら心配していた。

心の優しい強い横綱だと私は信じている。

何かに遠慮しているんだったら負けないでほしい。

本当にあった事、思いの丈を話してほしい。

強い横綱を見せてほしい。

叶わないかもしれないが、この想いが横綱日馬富士関に届く事を願う。

 - 相撲