スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

ロッテ石川歩投手、挫折からプロ・侍ジャパンへ

   

千葉ロッテマリーンズ(以下ロッテ)の石川歩投手。高校時代は全くプロに行く気は無かったという石川投手。今やロッテの勝ち頭であり侍ジャパンのメンバーでもある。そんな石川投手に注目してみた。

スポンサーリンク




無名時代からプロ注目選手へ

石川投手は富山県出身で地元のスポーツ少年団で野球を始めた。中学生時代も軟式野球部で硬式球を握ったのは高校からである。滑川高校のエースとして活躍したが、甲子園出場経験は無い。進路は専門学校を希望したが周囲の説得で大学野球に挑戦した。

中部大学では1年目から活躍、2年で全国大会を経験すると、4年で最優秀防御率を獲得する。一躍プロに注目されたが、社会人野球に進んだ。

東京ガスでは3年目に大ブレイクし、東アジア競技会の日本代表に選出されたり、社会人野球でも最優秀防御率を獲得するなどドラフト注目選手となった。ドラフトは巨人とロッテの1位指名を受け、抽選でロッテに決まった。

社会人3年目

それまでプロに意識が無かった石川投手だったが、社会人に入ってからはプロを意識し始めた。とりわけ指名が始まる2年目にはプロを意識するあまり、自分のピッチングができずに指名漏れとなった。

しかし、3年目には基本に立ち返り、ウェイトトレーニングやランニングで下半身を鍛え、安定感のあるピッチングを取り戻し、良い結果に結びつけた。そんな社会人での挫折が今の石川投手を支えているのだと思う。

勝負所

石川投手の特徴は粘りのピッチングである。ランナーが得点圏に達した時にギアが上がる印象がある。データを見ても石川投手と対戦したチームの残塁の多さが目につく。

石川投手は最初からガンガン行っていたプロ1年目2年目を反省して、やり方を変えたという。それが功を奏してリーグ最優秀防御率を獲得した。それに加え、侍ジャパンのメンバーにも選ばれた。

ストレートとシンカー

石川投手の持ち球で注目を集めるのはシンカーである。鋭く落ちるシンカーで空振りを取るシーンが多く見られる。シンカーの使い手だった元ヤクルトの高津臣吾投手を彷彿とさせる。

しかし、石川投手は自分の最大の武器はストレートだと話す。ストレートがあるからシンカーが活きる。他の球団のエースを見てもストレートにキレのある投手ばかりである。社会人で苦しい時の下半身強化で磨いたストレートで石川投手は勝負する。

同世代

石川投手の同世代は田中将大投手や前田健太投手、坂本勇人選手など豪華なラインナップである。少し遠回りはしたが、石川投手も同じ土俵に立っている。坂本勇人選手とは共に侍ジャパンとして戦っている。

同じ世代に競い合える良い選手がいるというのは心強いものである。お互い刺激しあって高め合っていける。ライバルは同じ東京ガス出身の美馬学投手(楽天)だと語る石川投手だが、同世代にも負けられない

まとめ

どこか飄々とした雰囲気のある石川投手。WBC侍ジャパンに選ばれた時も自分はそんなのじゃないと謙遜していた。しかし、心の中では燃えていると思う。日本でも国際舞台でも良いピッチングを期待している。

スポンサーリンク




 - 野球