スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

頑張れハリルジャパン!厳しい時だからこそ戦える選手を。

   

ロシアW杯アジア最終予選イラクvs日本は1-1の引き分けに終わった。非常にタフな内容のゲームとなった。私の望んだ戦える選手はベンチ外となった。タフな環境で戦える選手の力が必要だと感じたのは私だけではないのでは。最終戦のサウジアラビア戦は今回以上にタフな環境である事を忘れてはいけない。

今野泰幸選手、山口蛍選手が足に不安を抱える中、先発ボランチは遠藤航選手と井手口陽介選手だった。井手口選手が脳振盪でピッチを去るまで、このフレッシュな二人はよく頑張っていたように思う。

結果論ではあるが、明らかに消耗している選手ではなくまだまだ元気な選手を替えた事は議論になると思う。足を引きずり出す選手が多いのも気になった。猛暑に加え、グラウンド状態の悪い中では非常に消耗が激しかったのだろう。

こんな厳しい状況の戦いだからこそ呼んだ選手がいた事をハリルホジッチ監督は忘れてしまったのか?アクシデントがあったのでプランが変わったのかもしれないが、「10番」は期待の表れでは無かったのか

疑問は尽きないが、負けずに引き分けで終われた事をプラスに替えていかねばならない。次戦はオーストラリアである。日本が引き分けた事によって、俄然勢いは増してくるであろう。最終戦はホームでのタイ戦であり、日本とサウジアラビアが最終戦でぶつかる事を考えれば、オーストラリアにとっては次の日本戦が全てをかけた大一番となる。

スポンサーリンク





改めて考えさせられた中東での夏季のアウェー。今回は中立国であったし、イランの人々は親日である事もふまえて若干日本有利かと思っていた。私の考えは甘かったようだ。

前途したようにサウジアラビア戦は完全なアウェーであるし、気温も高くなる可能性が高い。おそらくはナイターになるとは思うが今回以上に厳しい環境で戦う事は間違いない。

それを考えたらオーストラリア戦への比重は非常に高くなる。日本としては次戦に勝利すればW杯出場が決まるので是非とも次戦で決めておきたいところである。

次戦からは海外組の移籍なども含め、選手選考から非常に難しい判断になってくる。試合後にうな垂れるハリルホジッチ監督を見る事もある。人間味があって私は好きだが自分が選んだ選手なのだからもっと自信を持ってもらいたい。「W杯に行くんだ!」という姿勢で選手を導いてもらいたい

全力で日本代表を応援しているからこそ、意見もいっぱい出てくる。中には厳しいものもあるが、皆の根底にあるのは「頑張れ日本!」なのだ。ハリルホジッチ監督、頑張って下さい。応援しています

スポンサーリンク




 - サッカー