スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

如水館高校野球部、迫田穆成監督伝説の作戦

   

広島の如水館高校野球部の迫田穆成監督。大ベテラン監督にして高校野球屈指の知将として知られている。迫田監督の経歴を追いつつ、その緻密な作戦について紹介していきたい。

スポンサーリンク




選手時代に全国制覇

広島商業に入学、2年の時、外野手として1956春夏連続甲子園出場。春夏ともに初戦で敗退するが甲子園での経験を積む。翌1957夏の甲子園、主将として決勝進出、法政二高を破りチームを全国制覇に導く。

迫田監督はこの時、三塁ベースコーチも兼任した。大観衆や独特の雰囲気でいつもの力が出せない、声が届かない事を知る。これはのち指導者となってから戦術のヒントになった。

広島商業の監督就任

高校卒業後、家業の洋服業の後継者として大阪へ3年間の見習い修業に行く。修業を終えて広島に帰ると、社会人野球や高野連の公認審判として活躍。野球に対しての情熱は消える事なく、家業の傍ら常に野球の事を考えていた。

1966年、その熱心さを買われ広島商業コーチ就任。監督や同校OBらに伝統の精神野球を指導され1967年の秋に監督就任した。1969春の甲子園でベスト8に進出する。広島商業伝統の緻密な野球に加え、自身の甲子園での三塁コーチの経験から、相手の隙をつく新しい野球を模索した。

対江川卓選手

1973春、達川光男選手(元・広島東洋カープ監督)等を擁して甲子園に出場。準決勝で怪物・江川卓投手(元・読売ジャイアンツ)擁する作新学院と対戦した。江川投手は秋季栃木県大会、関東大会、そして広島商業と対戦するまで無失点に押さえてきた、まさに怪物投手だった。

迫田監督が見出だしたのは「江川投手を打てなくても作新学院を倒す」作戦だった。準決勝にきて疲れが見える江川投手に球数を投げさすために粘りに粘った。一人5球以上がノルマだった。追い込まれてからは、すぐに投げようとする江川投手に対して、打席を外してタイミングをずらした。それが項をそうして制球力抜群の江川投手が四球を乱発した。

作新学院に先制を許すも、五回一死から四球で出たランナーをバントで進め、詰まったテキサスヒットで同点に追い付いた。八回、四球と内野安打で二死一、二塁とするとダブルスチールを敢行、捕手の悪送球を誘って決勝点を奪った。江川投手に11三振を奪われたが僅か2安打、2-1で作新学院を下した

(決勝は渡辺元智監督率いる横浜高校に延長で敗れ準優勝に終わった。)

スポンサーリンク




ツーランスクイズ

1973夏の甲子園にも出場、三回戦で日田林工(大分)戦でそれは起こった。ランナーは二、三塁、打者はスクイズを敢行し見事に成功させた。いつもと違ったのは二塁ランナーまでホームに還ったという事だ。対戦相手、観客、カメラマンまで何が起きたか分からない状況だった。

迫田監督は一点を争うギリギリの緊迫した状況を練習でつくり、甲子園でも平常心でプレーできるようにしてきた。ツーランスクイズもそんな状況下で練習を繰り返してきた。それが見事に成功した。

スクイズ見破り全国制覇

1973夏も春に続き、決勝に進出した。静岡高校との決勝は接戦になった。無死三塁の大ピンチの時、迫田監督はバッテリーにスクイズが来るときはサインを出すと告げた。迫田監督は静岡の部長が出すサインを見破っていた見事にスクイズを外しピンチを脱出する。

九回裏の攻撃では逆にスリーバントスクイズを成功させ、サヨナラ勝ちで全国制覇を果たした。迫田監督の野球は全国に衝撃を与えた事は言うまでもない。迫田監督は選手・監督の両方で全国制覇という快挙を達成した。

広島商業監督辞任、如水館監督就任

1975年夏の甲子園で準決勝まで進出するも敗退。広島商業はそれまで準決勝まで進出すれば、全て優勝していたという理由責任を取って辞任。ベスト4まで行った監督が辞任するのは今では考えられないが、広島商業の監督というプレッシャーは計り知れないものだったのだろう。

辞任後、菓子店を経営しながらも総監督として広島商業を指導、又高校野球解説も行った。要請を受け、他県の高校のコーチ等も務めた事もあった。

1993年、監督復帰を決意し、翌年の如水館高等学校開校を控えて前身の三原工業野球部の監督に就任する。如水館の監督に就任し、現在の高校野球に対応するため全国の強豪校を行脚した。熱心に研究し、徐々にチームを成長させていった。結果、如水館を計5回の甲子園出場に導く。

アジア制覇

2005年には第6回アジアAAA野球選手権に全日本高校選抜チームの監督として出場田中将大投手(ニューヨーク・ヤンキース)、辻内崇伸投手(元・読売ジャイアンツ)、川端慎吾選手(東京ヤクルトスワローズ)、平田良介選手、堂上直倫選手(共に中日ドラゴンズ)の活躍で優勝を果たす。

まとめ

迫田監督の凄さはやはり、研究熱心なところだと思う。広島商業の緻密な野球に新しいエッセンスを加え、何をしてくるかわからない緊迫感のある野球。最近では、健大高崎(群馬)青柳博文監督が魅せる野球が近い感じがする。そんな特色ある野球をどんどん見たい。まだまだ現役の迫田監督、甲子園に帰ってくる事を心待ちにしている。

スポンサーリンク




 - 野球