スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

掛布雅之阪神2軍監督の現在大切にしていること

   

2016年シーズンから阪神タイガースの2軍監督に就任した掛布雅之氏。現役時代は阪神タイガースの主力選手として活躍し、『ミスタータイガース』と呼ばれてファンから愛された。ファン待望の監督就任であり、世間の注目も非常に高い。その中で2軍という特別な環境の中で現在大切にしていることと2軍選手への想いを語った。

スポンサーリンク




根気

2軍監督にとって何が大事かという質問に対し掛布監督はこう語った。

「若い選手と付き合っていくうえで、我々が根気を持って選手に接することが、すごく大切で、やっぱり1日で上手くなる選手はいませんので、毎日毎日同じことを繰り返していくことで選手が成長していきますから、僕らに根気がなければダメだと思います。」

自身の若い頃を振り返ったときに、出来なかったことを自分の中で反復練習して克服していった。反復練習する継続力を選手が持っているか根気をもって判断し、1軍で活躍できる選手を発掘していくのである。掛布監督は2軍にいる選手の1軍での活躍を心から願っている。

厳しさ

2軍といえばどうしても切り離せない事がある。今シーズンを終えればユニフォームを脱がなければいけない選手が出てくることが現実である。

2軍キャンプの際、掛布監督は選手に対してこう言った

「ユニフォームを脱いだ時に、悔いを残してほしくはない。『阪神に入って本当に良かった』とやるだけのことはやったと納得してユニフォームを脱いで欲しい。」

掛布監督は野球をやろうとしない、継続して努力をしようとしない選手に対しては野球をやらせない厳しさを与えるという。そして、そのような選手にはユニファームを脱ぐ覚悟をもつべきだと強く訴える。

2軍に落とされた選手に対して

今シーズン、外野のレギュラー有力候補と目されていた江越大賀選手であるが、現在2軍で調整中である。そんな江越選手のポテンシャルを認める掛布監督はこう語る

「江越のスピードをパワーを考えると1軍にいないといけない選手の1人だと思います。金本監督の頭の中にはセンター江越という構想はまだある。2軍にいる時間を大切にして、2軍に落ちた悔しさを感じながら、結果を残して1軍に上がれたら、江越は一皮むける。今度江越が1軍に戻るときは本物の江越で戻してあげたいなという気持ちでいっぱいです。」

掛布監督はドラフト6位で阪神タイガースに入団、2軍の一番下から4番を打つまで成長してきた。その経験を踏まえ、今の若手選手にいろいろな形で助けてあげられたらという気持ちが強いという。2軍の若手選手にとって、これほど心強い監督はいないと思う。

阪神は1・2軍あわせて全部が戦力

金本1軍監督から強い要請をうけ、2軍監督に就任した掛布監督は阪神タイガースは1軍2軍70人+育成選手が一つの戦力だという。金本監督もそういう考えで戦っていくという。

「70人プラス育成もいれて、それが戦力ですから、その戦力を預かるうえで底の部分(2軍)を預かるわけですから、それを押し上げれば厚みがみしてくる。そのチャンスを金本監督は若手にあたえてくれると思う。」

まだまだスタートしたばかりであるが、金本監督と掛布監督を見ていると、どうしても期待をもってしまう。今年1年どんな若手選手が活躍するか、今から非常に楽しみである

最後に掛布監督はこう語った。

「ファンの方も厳しい目で選手たちを見に鳴尾浜に来てほしい。緊張感のある雰囲気をつくるためにお手伝いをお願いしたい。ファンの方の目が選手を育ててくれる。」

10人よりも100人、1000人のファンに見てもらった方が選手も緊張感をもって野球にのぞめるという。

今シーズンは満員の鳴尾浜球場の中で活躍する若手選手の中から、1軍に定着する選手が多く生まれる予感がしてならない。

スポンサーリンク




 - 野球