スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

木更津総合高校野球部、五島卓道監督の考える野球

   

強豪ひしめく千葉県の高校野球で安定した力をつけてきた木更津総合高校野球部。2012年,2013年と夏の甲子園連続出場、2016春には大阪桐蔭に勝利するなど高校野球ファンにとっても注目の強豪校である。木更津総合を率いるのは五島卓道監督。五島監督の経歴や選手への指導について調べてみた。

スポンサーリンク




経歴

岐阜県出身の五島卓道監督は岐阜県立関高校から早稲田大学に進学、卒業後は社会人野球の川崎製鉄神戸の内野手として活躍。川崎製鉄神戸ではコーチ・監督として指導の経験を積む。

セールスマンをしていた時期もあったが、千葉の暁星国際高校野球部の監督に就任、この時の教え子に小笠原道大選手(現・中日ドラゴンズ二軍監督)がいる。1998年から木更津中央高(現・木更津総合高)の監督に就任した。2003夏の甲子園に初出場を果たすと、2008夏、2012夏、2013夏、2016春と甲子園に出場している。

選手自身が考える野球

木更津総合の野球は選手自身が考える野球である。五島監督が社会人の監督時代に強豪校出身の選手が指示待ちだった事から、高校生の頃から自分で考えさせるようにした。

木更津総合では全体練習に加えて自主練習の時間を設けている。この間、五島監督は見守るだけである。選手自身が自分の足りない所を考え、取り組む練習に意義があるからである。ミーティングで質問して選手の考えを聞く事も多く、常に自分達で考えさせるようにしている。

試合中でも大まかな指示はするが、殆ど選手の判断に任せている。配球もバッテリーに任せている。言わなくても自分達で考えて出来ないと良い選手になれない、良い人間になれないという考えからだと思う。

夏を勝ち抜くために

千葉県の夏を勝ち抜くためにはなんといっても体力が必要不可欠である。千葉県で甲子園に行くためには二週間強の日程で7試合程消化しなければいけない。そこで走り込みが活きてくる。

木更津総合の練習場には砂場が作られている。選手達はそこを徹底的に走り込む。「砂場ダッシュ」である。冬場に行われる合宿での砂浜ダッシュの効果を感じていた五島監督は、練習場にもダッシュ用の砂場をつくってしまった。5月~6月の走り込みで夏場の連戦でも闘える体力を養うのだ。

先輩達を目指して

五島監督は2003年に甲子園に初出場したメンバーに感謝しているという。2003世代に憧れて入ってきた選手達が力をつけ、2008年に再び甲子園に行く事ができた。その2008世代の活躍を見て更に後輩達がそこを目指して努力をするようになった。甲子園に行くためにはここまでしなくては行けないんだという指針を示してくれたのが2003世代だったという。

木更津総合が安定した結果を残せているのは、偉大な卒業生達の功績があるからなのだ。そんな2003世代で活躍した大島吉雄コーチが後輩達を指導している。五島監督と同じく早稲田大学に進んだ大島コーチは島根県でコーチを経験して母校に戻った。五島監督と選手達にとってこれほど心強い事はない。

まとめ

自身の経験をもとに考える野球を指導する五島監督。おそらく木更津総合野球部を卒業した選手達は選手として進学しても、社会人になっても指示待ちになることは無く、自分で考えて行動できるだろう。プロで活躍できる選手はほんの一握り。それでも夢を持って努力する選手達に、将来どんな道を歩んでも活かせる事を五島監督は指導しているのだと思う。木更津総合の考える野球、大舞台でみせていただきたい

スポンサーリンク




 - 野球