スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

熊本工業野球部、安田健吾監督の目指す熊工野球

   

熊本の高校野球を支えてきた熊本工業野球部。伝統を大切にしつつ新たな試みで復活を目指すのは熊本工業野球部OBの安田健吾監督である。安田監督の経歴とチーム強化について探ってみた。

スポンサーリンク




安田健吾監督

安田監督は現役時代、内野手として二度の甲子園出場を果たす。大学進学後も野球を続けていたが、故障で現役を引退し、指導者の道を志す。玉名工業で指導者としての経験を積んだ後、母校に帰ってきて林幸義前監督のもとコーチとして指導にあたった。

2014年、秋から監督に就任。鍛治舎巧監督率いる秀岳館と激戦を繰り広げ、2016秋の県大会決勝で秀岳館に敗れるものの九州大会でベスト4に入った。

伝統

熊本工業は夏の甲子園において過去三度の準決勝を成し遂げついる伝統校である。1996夏の松山商との決勝は歴史に刻まれる名勝負である。高校野球ファンにとってもお馴染みの強豪校であるが、近年は秀岳館の台頭もあり苦しんでいた。

安田監督は伝統の良い部分は継承しつつ、現在の選手達に合った指導を心がけた。その一つが上下関係の改善である。ガチガチの上下関係ではなく、下級生でも活躍できる環境をつくった結果、最近では下級生が活躍するケースも見られるようになってきた。

守備強化

内野手として活躍した安田監督は守備強化としてキャッチボール、ゴロ処理の練習に大半の時間をさく。強固な守備からのチャンスを確実に得点に繋げるのが今の「熊工野球」である。

安田監督はその時の選手達の特徴によって野球を考える。伝統にはめ込むような事はなるべくしない。強固な守備で九州大会ベスト4に入ったのは安田監督の新たな試みの成果である。

ライバル

2016春、夏と甲子園ベスト4に入った秀岳館は熊本工業の強力なライバルである。九州、遠くは関西から選手が集まる秀岳館の戦力は強大であると共に率いるのは社会人野球の名将・鍛治舎監督である。

この大きな壁を乗り越えない限り、熊本工業の甲子園出場は難しい。しかし、敗れはしたものの2016夏、秋でも追い詰め、勝利まであと一歩のところまできている。県内にこの強力なライバルがいる事が熊本工業のレベルアップにも繋がっている事は間違いない。

まとめ

記憶に新しい熊本地震、熊本工業にも多大な影響をもたらした。今なお、大きな爪痕を残す被災地にとって熊本工業の活躍が力になることは間違いない。過去三度の挑戦でなし得なかった全国制覇を目指して熊本工業の闘いは始まったばかりである

スポンサーリンク




 - 野球