スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

前橋育英野球部、荒井直樹監督の指導方針

   

群馬県の前橋育英高校。率いるのは荒井直樹監督である。荒井監督は私立高校の監督らしくないとしばしば表現される。そんな中、2013夏の甲子園で前橋育英を初出場・初優勝に導く。そんな荒井監督について調べてみた。

スポンサーリンク




高校時代

神奈川県の日大藤沢に入学、1学年下には山本昌(元中日ドラゴンズ)がいた。投手として活躍、三年時の神奈川予選では山本昌氏と交互に先発し、二試合連続のノーヒットノーランを記録したが、甲子園出場はならなかった。

この高校時代にある試合での敗戦後、山本昌氏とランニングを始めた。この事が今の荒井監督の指導法にも大きく関わってくる。

社会人時代

いすゞ自動車に入社した荒井監督は投手から野手にコンバートされる。打撃に悩む荒井監督に臨時コーチで来た二宮忠士(元東映)は分かりやすい言葉と気持ちを楽にさせるような指導をした。

以来、荒井監督はレギュラーを掴み、チームも都市対抗野球に出場するなど急激に成長した。選手に分かり易く教えるのは今でも選手に対して行っている。

また荒井監督は選手にやれと言われてやるのではなく、選手がやると決めてやるように指導している。やれと言われてやった練習とやると決めてやった練習の違いを荒井監督は理解している。高校時代、荒井監督は山本昌氏とのランニングをやると決めてやった。その効果は自分が一番分かっている。

叱らない指導

荒井監督は技術的なミスを叱らない事で有名である。しかし、エラーした後にすぐカバーしなかったり、全力疾走しなかったりした時は叱る。全く叱らないという訳ではない。

しばしばその指導が「甘い」と表現される事もあるが荒井監督は信念を一切曲げる事はない。それが自分がやると決めた野球だからである。自分の野球ができる環境を探した結果、前橋育英にたどり着いた。

地元に愛される

また、荒井監督は県外からの選手をほとんど取らず群馬県の選手中心でチームを組む。地元に愛されるチームを作りたいと考えていたからである。そこも私立高校の監督らしくないと言えばそうかもしれないが、荒井監督の考えは変わる事はない。

寮の周りも、合宿先でも毎日の清掃活動は欠かさない。高校野球ファンの前橋育英に対する拍手の大きさからしても、荒井監督の取り組みは実を結んで来ているように思える

群馬県の高校野球

群馬県内のライバル「機動破壊」で全国を驚かせた健大高崎を筆頭に1999夏に全国制覇を成し遂げた桐生一等、レベルの高いチームがそろっている。勝ち抜くにも一苦労である。荒井監督も初出場まで12年を費やした。

群馬県のレベルは全国屈指であり、その中心にいるのは間違いなく前橋育英である。2016夏の群馬予選決勝では健大高崎との延長12回に及ぶ死闘を制して甲子園に出場する。群馬県勢のためにも一つでも多い勝利を持って帰りたいところだ。

まとめ

荒井監督は山本昌氏とエピソードにもあるようにやると決めたことはやる監督である。「凡事徹底」が座右の銘という荒井監督。誰にでもできることを誰にもできないくらいやろうという指導が今の前橋育英の強さに繋がっていることは間違いない。甲子園優勝がゴールではない。荒井監督率いる前橋育英の挑戦はまだまだ続く。

スポンサーリンク




 - 野球