スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

新潟明訓野球部、新潟の高校野球で頂点へ

   

新潟明訓日本文理と共に新潟の高校野球をリードする存在として君臨している。そんな新潟明訓を強豪に育てたのは佐藤和也監督(現・新潟医療福祉大学監督)だった。佐藤監督の元、新潟明訓を甲子園初出場に導いた本間健治郎監督が佐藤監督の後を継いで新潟明訓を指導している。佐藤監督と共に成長してきた新潟明訓と、本間監督率いる新生新潟明訓について調べてみた。

スポンサーリンク




佐藤和也監督の経歴

佐藤監督は長岡高校野球部に入部、主将で捕手、中軸打者として活躍する。3年時、1974年春季大会で優勝し、夏の新潟県予選も優勝候補になる。しかし3回戦で春には圧倒した新発田農に2-1で敗れた。佐藤監督は高校時代に甲子園に出場する事はできなかった

卒業後は高校時代の担任であり、野球部の監督であった先生の紹介で日本体育大学に進学した。大学卒業後、私立学校のスキー部の指導者を5年間経験する。その後、民放での高校野球解説を依頼され、解説を務めた大会の決勝が、新潟明訓中越だった。

大会後、新潟明訓の指導者就任の話があり、1984年、新潟明訓高の保健体育科教員及び野球部監督に就任する。その後、甲子園に縁のなかった新潟明訓を強豪に育て上げ、春夏通算8回の甲子園出場に導いた。

甲子園初出場

佐藤監督が就任してから5年目の夏の県大会ではついにベスト4へ進出した。準決勝では中越に3-1で敗れた。中越は決勝に進み、5度目の甲子園出場を果たす。ここで佐藤監督は甲子園への手応えを感じていた。

1991夏の新潟予選、小林幹英投手(元・広島東洋カープ)を擁して決勝に進出。柏崎を破り、新潟明訓が初優勝を果たす。佐藤監督就任から8年目、悲願の甲子園出場を果たした。その時のメンバーに現・新潟明訓監督の本間健治郎監督もいた

甲子園初勝利、強豪へ

初出場の時は、初戦で敗退する。周囲のバッシングで心が折れそうになるも当時の一年生が奮起して1993夏の甲子園に2度目の出場を果たすと2年前にはできなかった初戦突破を果たす。新潟県勢にとっては9年ぶりの勝利であった。

1996春の甲子園にも初出場を果たす。1999夏の甲子園に3回目の出場を決めると、今井也敏主将が開会式にて選手宣誓の大役を果たした。2005年、2007年にも夏の甲子園に出場、2007夏には県勢13年ぶりの2勝を果たす。2010夏は前年に全国準優勝を果たした日本文理を破って甲子園に出場するとベスト8進出を果たす。

2012年の夏も甲子園に出場し、秋の国体にも出場するがそれを最後に本間健治郎監督に後を託して佐藤監督は新潟明訓の監督を辞任した。佐藤監督は29年間で甲子園に春1回、夏7回出場し7勝8敗の成績を残している。

文明時代

新潟の高校野球は2004年以降、2008年の新潟県央工、2015年の中越を除き新潟明訓と日本文理で夏の代表を分け合っている状況である。お互いのライバル心もかなり強いとみえる。私の勝手なイメージであるが、攻撃の文理、投手を中心とした守りの新潟明訓という色があるように思える。

しかし2012年以降は日本文理に連覇を許す。就任後、甲子園に行けていない本間監督は竹バットを利用した打撃練習等で打撃力を上げて代表の座を狙う

2016春の大会は決勝で7点差をひっくり返す集中打をみせ、県大会を制した。打撃の力も上がってきている。佐藤監督の後でプレッシャーもある中、投手力+打撃力の本間監督は新しい新潟明訓の野球で頂点を目指す。

まとめ

全国で全く勝てなかった新潟の高校野球を変えたのは佐藤監督の新潟明訓であることは言うまでもないが、成績の面では2009年の日本文理の準優勝が輝いている。その上はもう一つしかない。本間監督にはそこを目指して頑張ってもらいたい。もう甲子園に出るだけの時代は終わり、勝利が求められる時代になった。甲子園に薄いブルーの綺麗なユニホームが帰ってくることを願っている。

スポンサーリンク




 - 野球