スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

宮崎日大野球部、榊原聡一郎監督の広島野球とは

   

宮崎県の高校野球において注目をしたいチームがある。それが宮崎日大である。率いるのは宮崎日大OBで広島東洋カープ(以下広島)でもプレーした事がある榊原聡一郎監督である。今回は榊原監督について書いていきたい。

スポンサーリンク




経歴

宮崎日大からドラフト2位で広島に入団。強打を期待され、二軍では本塁打王、打点王を獲得した。しかしながら1軍での活躍は叶わず、福岡ダイエーホークス(当時)を経て広島でコーチを務める事になった。

選手、コーチ時代は三村敏之監督のもとで野球を学んだ。広島の二軍コーチを務め金本知憲さん(現阪神タイガース監督)などを厳しく指導した。広島を離れてからは野球とは無縁の世界で飲食店などを経営していた榊原監督だったが、学生野球指導者資格緩和に伴い母校の野球部監督に就任する事になった。

就任から一年後の2015夏の甲子園に出場を果たし、その指導力を発揮した。翌年は出場を逃したが戦力充実の今、宮崎県から甲子園常連が生まれそうな勢いである。

広島野球

広島は厳しい練習で有名である。二軍コーチを経験している榊原監督も選手達に厳しい練習を科していた。しかし最も重視されていたのはプロ野球選手としての礼儀マナーである。

宮崎日大でも礼儀やマナーが最重要視されている。その徹底した指導のおかげで、甲子園抽選会や宿舎での宮崎日大の評価は非常に高い。おそらく、こういうチームが周りから応援されるようになるのだと感じた。

何故勝てないか

榊原監督就任当初でも宮崎日大の選手達は非常に高いレベルにあったという。何故甲子園に出れないのか、大事な所で勝てないのか。それは生活環境の乱れにあった

部室が汚れていても、誰も掃除しようとしない。遅刻は当たり前。榊原監督は野球の前に広島で学んだ礼儀やマナーを指導し、ほとんど野球を教えた記憶が無いという。そして一年後に甲子園出場と、普段の生活が野球に繋がっている事を証明した。

食育

飲食店経営の経験を活かして榊原監督は選手達の食育にも取り組んでいる。寮の食事を美味しくて栄養のあるものにするためにホテルの料理長を招聘したという。

最近の子供は食が細い、私も少年サッカーの指導者をしているのでその辺は強く感じる。美味しければ食べる量も自然と増える。本気で全国を狙うのであればそういった所から徹底していく事は必要不可欠である。

本当の力に

榊原監督が重視するのは意識しなくても出来るようになるくらい練習で徹底する事である。ただやる練習は練習のための練習にしかならない。試合に使えてこそ本当の力である。

本当の力を養うには、選手自身が考える事が重要である。実際にプレーする選手が理解して納得して、自然とそれが出来てこそ本当の力であると私は考えている。榊原監督のもと、宮崎日大の選手達は力をつけている。宮崎の盟主となる日は近いように感じる。

最後に

宮崎には最大のライバル日南学園がいる。公立勢にも力を持ったチームがあり、甲子園出場は決して容易くはない。しかしながら、榊原監督が育成した宮崎日大の選手達は間違いなく甲子園に近い所に居る。これからの宮崎日大と榊原監督の活躍を期待している。

スポンサーリンク




 - 野球