スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

岡田俊哉投手、大きな武器で世界と戦う

   

中日ドラゴンズ岡田俊哉投手。中継ぎ左腕として活躍し、2017WBCの侍ジャパンメンバーにも選ばれた。そんな岡田投手について調べてみた。

スポンサーリンク




経歴

岡田投手は和歌山県日高郡出身で小学校2年生から野球を始め、中学生になってから日高マリナーズでプレーした。ボーイズの関西選抜に選ばれるなど活躍し、全国レベルの強豪・智弁和歌山に入学した。

1年生から甲子園のマウンドに立ち、佐藤由規(ヤクルト)投手と投げ合った。2年生の時も春夏共に大活躍し、チームをベスト8に導いた。3年夏は体調不良に苦しむも三試合を投げ抜き、高校野球日本選抜に選ばれた。

中日ドラゴンズにドラフト1位で入団、体重が60キロくらいしかなかったので3年目までは身体づくりを兼ねファームで過ごす。その後、徐々に1軍でも登板が増え、今やなくてはならない中継ぎ左腕となった。その安定した投球を評価されてWBC侍ジャパンメンバーに選ばれた。

智弁和歌山

甲子園最多勝利の名将・高嶋仁監督のもと、成長した3年間だった。1年生から活躍したが、まだ小さく細い印象だった。2年生の夏、大量失点を招くきっかけを作ってしまい敗れた。高嶋監督は精神面の成長を促した。

3年生になり身体も心も成長した岡田投手はチームを引っ張って活躍し甲子園でも2勝した。岡田投手の成長を涙を流して喜ぶ高嶋監督の姿が印象的だった。高校野球日本選抜でもエース級の活躍で、プロのスカウトにアピールできた。

高嶋監督は高塚信幸投手(元近鉄)を連投で故障させてしまった苦い経験から複数投手で戦ってきた。しかし、岡田投手だけは智弁和歌山のエースとして君臨した。それ程信頼し、鍛えてきたのだと思う。

プロ入り

プロに入ってからは何から何までが違った。高校を卒業したばかりの岡田投手にはそれが衝撃的だった。高校世代でエースだった岡田投手の自信は失われた。

自分が過信していた事に気付いた岡田投手は一からトレーニングを始め、徐々に力を付けて行った。二十歳で結婚した事で守るものも増え、より一層精進する事になった。

ストレート

岡田投手の武器はキレのあるストレートである。2014秋のキャンプでつかんだという指3本で潰すという感覚。それ以降、安定感のあるピッチングが続いている。

大きな武器を得た岡田投手はWBCの強化試合でも躍動し、メキシコ、オランダ戦でピンチを防ぐ大活躍をした。その活躍が評価されて本戦の侍ジャパンメンバーに入った。

まとめ

甲子園のヒーローがみんなプロの世界で活躍するとは限らない。本当に厳しい世界である。岡田投手はそんな中でも武器を見つけて生き残った。娘さんも誕生し、更なる飛躍が期待される岡田投手。頑張ってもらいたい。

スポンサーリンク




 - 野球