スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

オコエ瑠偉の打撃成績を上げる!池山隆寛コーチの指導

   

プロ野球、楽天ゴールデンイーグルスにドラフト一位で指名され、キャンプでも注目を浴び続けたオコエ瑠偉選手。テレビでは活躍する場面しか放映されないが、本人は打撃成績が出ず苦しんでいた。オコエ選手の指導にあたったのは、現役時代、ヤクルトスワローズで「ブンブン丸」と呼ばれ強打者として活躍した池山隆寛一軍打撃コーチだった。そんなオコエ選手の苦悩と、コーチの指導に迫ってみた。

スポンサーリンク




オコエ瑠偉選手の経歴

オコエ選手は6歳から野球を始め、小学生の時は捕手として活躍した。当時から強肩と走塁はずば抜けており、東京都大会を制した。

中学生の時は東村山シニアに所属し、この頃から外野手として活躍した。東村山シニアの渡邊弘毅監督は当時のオコエ選手をこう語る。

「一塁から二塁に回るときにスピードを落としながら回っていく選手が多い中、彼はベースの角を踏んで次の塁に行くのにスピードが全く落ちない。なおかつ二塁、三塁と行けば行くほどスピードが上がっていく。走塁に関してオコエよりすごかった選手はいないですね、今までのなかで」

東京の強豪、関東一高校に入学したオコエ選手。私は機動力野球の関東一に、走塁技術の優れたオコエ選手は合うだろうから入学したと思っていたが、シニアの先輩がいたかららしい。

3年の夏に甲子園に出場する。甲子園を決めた東京都大会の決勝ではセンター前ヒットを二塁打にしてしまう、とんでもない俊足を見せた。優勝した東海大相模に準決勝で敗れたが、大会を象徴するような活躍を魅せ、プロ入りは確実視された。

プロ入り、キャンプにて

2015ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスに一位指命され、鳴り物入りでキャンプインしたオコエ選手だったが、それは苦悩の始まりだった。

初日からマスコミが多く駆け付け、オコエ選手が動けばみんな動くような状態のなか、初日の練習が始まった。初日も、二日目も、打撃では非常に苦しんだ。マスコミは厳し見出しでそれを報じた。この頃の心境をオコエ選手はこう語っている。

「正直辛いです。身体だけではなくてメンタル的にも色々きてます。本当にやるしかないです。」

池山隆寛コーチ

打撃に苦しんでいたオコエ選手を指導したのは、池山一軍打撃コーチ現役時代で9年、コーチとして4年、名将・野村克也氏のもとで野球に励んできた池山コーチ。ヤクルトスワローズのコーチ時代は2015トリプルスリーを達成した山田哲人選手の1年目を指導した。

オコエ選手は金属バットから木製バットに替わる高卒1年目の選手がおちいりやすいトラブルをかかえていた。木製バットは芯でとらえなければ打球は飛ばない

池山コーチはバットの芯の位置や、芯をとらえやすいスイングなどを一から指導した。宿舎に帰ってもそれは続いた。池山コーチも現役時代の一年目、同じようにコーチに指導してもらった経験がある。

「能力的に吸収が早い。段階を踏んで、僕の能力、経験を活かしてやっていきたいなと思います。」

と池山コーチは意気込む。

まとめ

まだまだプロ生活は始まったばかりのオコエ選手であるが、オープン戦からその大器の片鱗を見せている。打率成績こそ.174と苦しんだが得点圏打率はなんと.500になる。この勝負強さに関して楽天の梨田昌孝監督は

「ノーヒットで終わりそうな時に誰かが回してくれたり、彼の前には必ずランナーが出たり、本当に持っているなと。いいもの持ってる感じはします。」

と語る。

実力がなければいけないことは当然であるが、スターと呼ばれる選手はここぞという場面で回ってきたり、ふいにチャンスが巡ってきたり、ある程度の運も兼ね備えている選手が多い。そういう意味でもオコエ選手は非常に楽しみな逸材なのである。

池山コーチの指導もあり、芯に当たる打球も増えてきた。開幕一軍こそなったが、すぐに二軍に落ちた。しかし、再びきた一軍のチャンスで、安打と打点を記録した。やはり持っている。これからのオコエ選手に注目したい。

スポンサーリンク




 - 野球