スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

佐賀商 森田剛史監督 母校への愛と選手主導のチーム育成

   

佐賀県勢初の全国制覇を果たした佐賀商。率いるのは佐賀商OBで大学や社会人野球でも活躍した森田剛史監督である。今回は森田監督の経歴をふまえ、チームの強化法を調べてみた。

スポンサーリンク




経歴

森田監督は佐賀市出身で佐賀商の野球部として活躍、三季連続の甲子園出場を果たした。同級生には駒大苫小牧を率いて全国制覇を果たした香田誉士史監督(西部ガス)がいる。亜細亜大学に進学後も内野手として活躍、社会人野球でも新日本石油で活躍した。

現役引退後に母校に戻り野球部部長として経験を積んだ後、2008年に監督に就任した。その年にいきなり甲子園出場を果たした後に神埼清明に異動する。神埼清明でも同校を県大会準優勝に導くなど活躍した。再び佐賀商に戻り、苦しい時代を乗り越えて2018夏、佐賀商を10年ぶりに甲子園へ導いた

変わりゆく高校野球

森田監督の野球は監督就任当初、攻撃的な野球だった。しかし、しばらく甲子園から遠ざかり、監督経験を積むにつれて守備を重視した野球に変わっていった。森田監督は時代と共に変わる高校野球に適応したのである。

バスター打法その一つであり、しっかりミートして打ち、相手のミスにもつけこみ少ないチャンスを得点につなげる。後はしっかり守る。非常に明確で分かりやすい戦いかたである。

選手主導

森田監督の練習は選手が主体となって行われている。森田監督は選手自身が考えて気付かなければ本当の力にならないと考えている。森田監督は声をあげて怒鳴るような事は一切無いという。

選手達がお互いに注意や反省点を話しあっており、監督が言わずとも選手達が自主的に動ける環境づくりが成されている。全国的に見ても自分たちが考える野球を採用するチームも非常に増えてきている。

動きづくり

森田監督は選手の動きづくりに力を入れる。投げる打つ等の野球に必要な動きのほかに走る、転がる、持ち上げる、など運動神経に働きかけるトレーニングをする。理学療法士の人がメニューを考え、怪我の防止にも役立っているという。

ラダートレーニング、手押し車、選手を抱っこして走る等の自重や人を使うトレーニングが多い。人を使うのは想定外の事が起こった時に考えて適応するためである。野球も常に想定外の事が起こるスポーツである。

佐賀商への愛

森田監督は佐賀商を再び甲子園の常連に育てあげる事を目標としている。自身も在籍し、佐賀県初の全国制覇を成し遂げた母校に愛着が無いわけがない。

同級生の香田監督が一足先に全国制覇を成し遂げた今、森田監督も燃えていないはずはない。甲子園でどのような戦いを見せてくれるか、非常に楽しみである。

最後に

佐賀商の全国制覇は記憶に残っている。決勝での満塁ホームラン、後に佐賀北が同じように満塁ホームランを打つ。森田監督の佐賀商にも期待せずにはいられない。

スポンサーリンク




 - 野球