スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

千賀滉大投手を躍進させた怪我をしない身体づくり

   

福岡ソフトバンクホークス(以下ホークス)の千賀滉大投手。育成ドラフトから一軍へ、先発ローテーション入りして侍ジャパンへと階段を駆け上がっていく千賀投手について調べてみた。

スポンサーリンク




簡単な経歴

愛知県蒲郡市出身で小学校2年生から野球を始める。蒲郡高校野球部に入ってから本格的に投手となる甲子園出場経験は無いもののホークスのスカウトの目に止まり、育成ドラフト4位でホークスに入団した。

1年目は身体づくりに専念、2年目に支配下登録され、一軍も少しだけ経験したがほとんどを二軍で過ごす。ウエスタンリーグでは最優秀防御率を獲得する。3.4年目はセットアッパーやロングリリーフなど一軍で活躍したが、いずれもシーズン途中で故障し、離脱した。

5年目にはウエスタンリーグでの調整を経て一軍に合流、クライマックスシリーズ、日本シリーズでも登板し、日本一に貢献した。6年目に先発ローテーション入りを果たし、12勝を挙げた。その活躍が評価され侍ジャパンに召集された。

身体づくり

ホークスの工藤公康監督が若手に科したというフィジカルトレーニング。工藤監督自ら指導した。工藤監督も長い事プロ野球で活躍した経験がある。その経験を活かし、息の長い選手を育成しようと考えたのだと思う。

千賀投手は厳しいトレーニングに耐えながらもシーズンを乗り越えた。トレーニングの成果もあり、それまであったシーズン途中の故障が無くなった。工藤監督の育成が千賀投手を成長させた。

お化けフォーク

千賀投手の代名詞ともなっているお化けフォーク。野球解説者の古田敦也によるとその落差は元横浜の大魔神・佐々木主浩氏のフォークに匹敵するという。

ホームベースを狙って投げられるというフォークに打者のバットは空を切る。とりわけ落ちるボールに弱いとされる外国人選手に非常に強く、それが侍ジャパンに選出された要因でもある。

色んな方からの指導やアドバイスを受けた千賀投手だったが、自分の一番安定する投げ方を見つけた。それは人差し指を縫い目にかけるという独特な握りである。自分のフォークを手に入れた千賀投手はそれを武器に躍進した。

スライダーとストレート

先発ローテーションを守るために重宝したのがスライダーである。スライダーのおかげでピッチングの幅が広がったので1年間ローテーションを守れたと言っても過言ではない。

変化球に目が行きがちだが、ストレートも150㎞を超える球を投げる事ができる。有名投手が参加する自主トレで身体の使い方を学んだ事がきっかけで伸びのあるストレートを手に入れた。このストレートがあるからこそ変化球が活きるのである。

育成ドラフト出身

千賀投手は育成ドラフト出身投手として初めて10勝以上を挙げた。高校時代、最後の愛知県大会予選3回戦で敗れた投手が今や日本代表である。

育成ドラフト選手や、地方で夢に向かって努力している高校球児にとって、千賀投手の活躍がどれほど勇気を与えるだろう。これからも育成ドラフトから大投手が生まれだろう。

まとめ

現役投手の中でも千賀投手の評価は非常に高い。とりわけレジェンドと呼ばれる名球会の方々の評価が高い。大きなフォークを武器にマウンドで躍動する千賀投手をこれからも見守っていきたい。

スポンサーリンク




 - 野球