スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

センバツ高校野球2017の優勝予想をやってみた

   

今年も選抜高校野球の季節である。昨年も見事なまでに外ししまった優勝予想を今年もやってみようかと思うわけです。いやしかし去年は高松商と明石商の躍進を予想したので自分的には満足である。なんて自分に甘いんだ。ご自身の予想と照らし合わせながら楽しんで下さい。

去年の惨敗予想記事はこちら

スポンサーリンク




名勝負の予感

一回戦から甲子園を埋め尽くすであろう好カード、日大三VS履正社。公式戦の結果はさておき、秋の時点で両チームの力は互角と見た。履正社は秋の神宮を制してどの雑誌や優勝予想を見ても優勝候補に挙げられている。安田尚憲選手若林将平選手の左右のスラッガーは迫力満点である。

しかし、日大三も東京大会決勝で清宮幸太郎選手擁する早稲田実をあと一歩の所まで追い詰めている秋に敗れた試合は練習試合を含めてその一戦だけである。投打でバランスの取れたチームである。そして何より日大三には名将・小倉全由監督がいる。本当に楽しみである。

日大三の記事はこちら

履正社の記事はこちら

早稲田実VS明徳義塾。明徳義塾は数年前も一回戦で智弁和歌山を引いたり、本当にワクワクさせてくれる。早稲田実は主将の清宮選手だけでなく、4番を打つ野村大樹選手も強力なスラッガーである。甲子園にもその強力打線目当てにファンが詰めかけるだろう。

明徳義塾は百戦錬磨の馬淵史郎監督率いる試合巧者である。昨夏ベスト4を知る選手も残り、高いレベルで攻守にバランスが取れたチームである。しかも明徳義塾は伝統的に一回戦はめちゃくちゃ強い。予想泣かせである。

早稲田実の記事はこちら

明徳義塾の記事はこちら

注目校

前橋育英健大高崎の群馬勢が非常に良い戦力である。前橋育英は多彩な好投手を揃えている。関東大会では自慢の守備が崩れたがそこさえ修正出来れば上位進出できる。打線も巧者曲者揃いで勝負強い。

前橋育英の記事はこちら

健大高崎は青柳博文監督の機動破壊野球が有名であるが、青柳監督曰く「これまでの中で一番良い」という想像しただけでも恐ろしい機動力が見れるかもしれない。継投が健大高崎の特徴だが、これがまた出てくる投手がみんな好投手である。間違いなく優勝候補の一角である。

健大高崎の記事はこちら

王者の底力

昨夏王者の作新学院の戦力も安定している。小針崇広監督は常に進化を求め、全国制覇した後も甲子園で勝つための練習を積んでいる。選手一人一人の意識も高く、チーム一丸となって関東大会を制した。しばらく作新学院の時代が続きそうである。

作新学院の記事はこちら

過去5回の全国制覇の大阪桐蔭は今年も充実の戦力を有する。秋はオーダーが決まらない中で苦しんだが、きっちり選抜の切符を掴んだ。2年生に根尾昴選手や藤原恭大選手など強力選手が注目を浴びる中で3年生も奮起し、切磋琢磨しながら上を目指している。今までも群雄割拠のトーナメントですっと抜け出してきたのが大阪桐蔭なだけに怖い存在である。

大阪桐蔭の記事はこちら

個人的に注目しているチーム

福岡大大濠のエース三浦銀二投手が個人的に好きである。今では少なくなったがチームの絶対的エースとして君臨している。秋の公式戦13試合を一人で投げ抜き12勝1敗。とんでもない体力である。目標とする元巨人の桑田真澄氏のように甲子園で頂点を目指す

福岡大大濠の記事はこちら

優勝するのは…

色々候補チームを挙げてきたが、結局どこが優勝するのか?発表しよう。

ベスト4は!
日大三、前橋育英、健大高崎、大阪桐蔭

優勝は日大三である!!!

観音寺中央高校の選抜優勝を当てて以来、全敗ではあるが今年も楽しく観戦したいと思う。むしろ私に予想されるほうが縁起が悪いかもしれない、でも何故か自信をもっていつも予想している。初戦で砕け散るかもしれない私の予想はさておき、頑張れ高校球児!

スポンサーリンク




 - 野球