スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

専大松戸野球部、名将持丸修一監督の野球

   

千葉県の専大松戸高校野球部の監督を務める持丸修一監督は、自ら率いたチームを全て甲子園に導いた名将である。今回は持丸監督について調べてみた。

スポンサーリンク




経歴

茨城県出身で何となく野球を始めたという持丸監督は、竜ヶ崎一に入学すると厳しい練習に耐え1966年夏の甲子園に出場を果たす。高校卒業後は国学院大学に進学し、在学中に母校野球部を訪れた事がきっかけで指導者の道を歩む事になった。

社会科の教師として母校に赴任した持丸監督、赴任当初はそう結果がついてくる事はなかったが、教師として授業を教える事からヒントを得て選手自身が考える事を重視した結果、1990年、1991年夏の甲子園に出場を果たした。2000年代に入ると、藤代常総学院専大松戸と、率いた全てのチームを甲子園に導いた。

転機

持丸監督は現役時代の厳しい練習で「1000回は野球を辞めようかと思った」らしい。しかし、厳しい練習で甲子園出場を勝ちとった事もあり、監督就任当初は選手に厳しい練習を科してていたという。

日本史を教えていたという持丸監督、生徒にどうしたら理解してもらえるかを考えた結果、勉強をやらせるのではなく、生徒自身が考える事を重視するようになった。それは野球にも通じる事で、それ以降は選手との対話も増えた。時間はかかったがそれが転機となり結果を残し始める事になった。

教師として

名将木内監督の後を受け、常総学院でも持丸監督は甲子園出場を果たした。しかし、公立校ばかりを指導してきた持丸監督には、野球漬けの生活は合わなかったようである。

専大松戸では理事長から学業を含めての部活動だと言われていたので、持丸監督の考えとも合ったのだろう。就任8年目で激戦区千葉県で甲子園出場を勝ちとった。持丸監督には教師(現在は定年)として選手と接する拘りがあるように感じる。

専大松戸就任当初

超名門の常総学院を後にしてやってきた専大松戸だったが、環境は何から何まで違った。県予選でも初戦敗退が続いているような状態だった。

しばらくは甲子園という言葉を控え、粘り強く指導をし、選手のスカウトやコーチの招聘など、着実に準備を重ねていった。就任8年目での甲子園出場、持丸監督は短かったと振り返っている。

支える人々

持丸監督は常総学院時代のコーチ二人を招聘した。若いコーチ陣は祖父と孫ほど歳の離れた持丸監督と選手との間に入っている。持丸監督も自身の野球を理解し、選手との距離も近いコーチ陣を頼もしく思っているに違いない。

持丸監督は野球部員の父兄との交流を持たない父兄も野球の事は全て持丸監督に任せている。そういった理解のもと、専大松戸野球部は日々甲子園に向かって努力している。

最後に

持丸監督は高校野球屈指の名将であると私は思っている。4校を甲子園出場に導いた監督が居たか、多分いないと思う。後は持丸監督が全国制覇する姿を見せてもらいたい。チャンスは大いにある。

スポンサーリンク




 - 野球