スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

下関国際野球部、坂原秀尚監督 情熱実り甲子園へ

   

山口県の高校野球にて今急速に力を付けてきているのが下関国際である。率いるのは坂原秀尚監督である。坂原監督は下関国際を強豪に育て上げた。そんな坂原監督について調べてみた。

スポンサーリンク




経歴

広島県出身の坂原監督は現在の広島国際学院、広島国際学院大学を経て社会人野球のワイテックにて投手として活躍した。その後、高校野球の指導者を目指して東亜大学に通い教員免許を取得した。

2005年、東亜大学に通いながら近くにある下関国際の指導を願い出たところ、監督に就任する事になった。不祥事や部員不足を乗り越え徐々に力を付け、2015年夏の山口大会で準優勝をおさめた。2017年夏の山口大会では悲願の優勝を勝ち取り甲子園初出場を果たした。

就任当初

坂原監督が就任する前に下関国際は不祥事を起こし、大会出場停止処分を受けていた。部内も荒れていた。そこに厳しい坂原監督が就任した。部員はすぐに激減していった。

少ない部員でも自身の経験をもとにコツコツ厳しく愛情を持って選手を育てた。少ない部員の時でも勝てる方法を考え指導し、宮崎敦次投手(千葉ロッテマリーンズ)を育てた

守りの野球

坂原監督は就任当初から投手を通した守りからリズムをつくるチームを目指していた。その中で宮崎投手を始め、好投手が育っていた。

朝5時からの練習夜は21時や23時まで練習する事もあるという。時間で区切る練習を推奨するチームもあるが、それでは勝てないと坂原監督は厳しい練習を貫く。

打撃への転換

守りの野球で実力をつけ、2015年夏の山口大会決勝戦に進出した下関国際だったが、下関商に1-5で敗れた。その際に坂原監督は更に上に行くには打撃力が必要だと感じた。

一日2000スイングのノルマを課し、選手達は休み時間や空いた時間を素振りに費やすなど振り込んだ。その結果、2017夏の打線爆発に繋がり、初めての甲子園出場を果たした。

進学校には負けない

坂原監督は文武両道はあり得ないと考えている。そして進学校に対しては絶対に負けたくないという思いを持っている。進学校だから二時間くらいの練習時間しか取れないというのが、坂原監督にとっては納得いかないのである。

野球は時間で区切るスポーツでは無いというのが坂原監督の考えである。スリーアウトを取るまで続くのが野球である。もちろん進学校の中には限られた時間で工夫して練習している学校もある。しかし、坂原監督からは朝から晩まで野球一筋(授業を除いて)である自分たちが負けたくないという強い気持ちが感じられる。

最後に

坂原監督は情熱に燃える監督である。非常におもしろい名物監督になりそうである。下関国際の活躍に刺激を受ける指導者も多いだろう。これからの活躍に期待したい。

スポンサーリンク




 - 野球