スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

田代未来選手、谷本歩実コーチと二人三脚で金メダルを目指す

   

日本女子柔道63キロ級の田代未来選手。同じ63キロ級でオリンピックを2連覇を果たした谷本歩実コーチのもと急成長している。リオデジャネイロオリンピックでも谷本コーチと二人三脚でメダルを目指す。そんな田代選手について調べてみた。

スポンサーリンク




経歴

小学校2年生の時に兄の影響で柔道を始める。中村美里選手が所属していた相武館吉田道場に通い力を着けていく。中学校2年、3年と中学校の全国大会を連覇する。また中学校3年生の時には世界カデでオール一本勝ちをおさめる。

淑徳高校に入ると1年生で様々な大会で優勝する快進撃を見せるも2年生の時に大けがを負う。3年生で復帰すると国際大会でも活躍を始める。

コマツに就職して2度の世界選手権に挑むもいづれも銅メダルだった。このころから谷本歩実コーチに指導を受けており、ワールドマスターズを制するなど活躍した。実績を評価されてリオデジャネイロオリンピック代表に選出された。

スタイル

大外刈り、小外刈り、内股が得意であり、寝技も抑え込みの他、関節技を駆使して戦う。色んな勝ち方があるため見ていて面白いと思う。

パワー柔道を苦手としている。中でもフランスのアグベニュー選手にはなかなか勝つことができない。対策として男子選手との稽古を行っている。

谷本歩実コーチ

田代選手の心強いコーチの谷本コーチはアテネオリンピック、北京オリンピックで柔道史上初の2大会連続オール一本勝ちをおさめたレジェンドである。ちなみに谷本コーチの師匠はあの古賀稔彦さんである。

田代選手と谷本コーチは同じ階級であり、容姿も酷似している。田代選手は谷本コーチの現役時代のビデオからヒントを得たりもしている。二人でメダル獲得に向けて努力している。

最大のライバル

前途したように田代選手が金メダルを獲るには越えなくてはいけない壁がある。それがフランスのアグベニュー選手である。2013年頃から急激に頭角を現してきアベグニュー選手に田代選手はどうしても勝てない。

不十分な組手でも強引に投げれてしまうアベグニュー選手を苦手としている。田代選手は力で対抗せず先に攻める事を考えている。おそらくは谷本コーチとも対策を練ってくるはずである。最高の舞台でのアベグニュー選手との対戦も楽しみである。

まとめ

まだまだ若い田代選手であるが、日本の女子柔道のために頑張ってほしいところである。谷本コーチも隣にいてくれると思うので自分の力さえ発揮できれば必ず良い結果が出ると思われる師弟で金メダルを獲るところを見せてほしい。がんばれ田代選手。

スポンサーリンク




 - 柔道