スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

上田西サッカー部、白尾秀人監督のチーム強化

   

長野県の上田西サッカー部が急速に力をつけた背景には白尾秀人監督の存在が大きい。鹿児島県与論島出身の白尾監督が長野県に腰を下ろし、チームを強豪に育てあげた過程に迫ってみた。

スポンサーリンク




白尾監督の経歴

白尾監督は鹿児島県与論島出身である。与論高校2年生の時に県選抜に選ばれ、大会で得点王に輝いた事がきっかけで、島を出て本格的にサッカーをすることを決意した。長崎県の強豪、国見に編入した白尾監督は名将・小嶺忠敏監督の指導の元、厳しい練習に耐え実力を磨いた

卒業後、国士舘大学に進学した白尾監督はユニバーシアード日本代表に選出され、世界一にも輝いている。その後、ヴァンフォーレ甲府に所属し、初年度から活躍したものの、怪我に泣かされた。その後、松本山雅FCに所属していた事がきっかけで、引退後に指導者として長野県に移った。

東海大三(現・東海大諏訪)、地球環境のコーチを経て地球環境の監督、野沢南の監督を経験し、2016年に上田西のサッカー部監督に就任した。就任1年半でチームの意識改革に成功し、見事に長野県を制し全国高校サッカー選手権大会に出場を果たした。

全員攻撃・全員守備

上田西の試合は全員がハードワークするのが特徴である。全員が自分の役割をしっかり理解し、責任を果たしている印象が強い。チームの売りが全員攻撃・全員守備というのが頷ける。

デュエルという球際の強さが求められる昨今のサッカー。その中でも上田西の球際の強さ、しつこさは非常に目立っている。白尾監督の徹底した指導が実を結んでいる。

意識改革

白尾監督就任以降、上田西の選手には全てのプレーに意味を持たせる事を徹底した。ロングボールでもただスペースに蹴るだけではなく、繋ぐのか陣地回復なのか展開なのか、自分たちの意思をはっきりさせるよう指導した。

プロを経験し、学生の日本代表も経験している白尾監督は常に高いレベルを求め続け、さらに選手の最後まで諦めない強靭なメンタルが良い相乗効果となり今の結果をもたらしたのである。

恩師

白尾監督は国見では1年間しかプレーしていないが、その1年間で小嶺監督から様々なものを教えてもらった。厳しい練習もさることながら、一番早く練習場に来て一番遅くに帰る小嶺監督の選手全員を見守る姿勢を尊敬し、自分の指導に活かしている。

白尾監督の目標は小嶺監督が達成し、今もなお目指している日本の頂点である。そこに至るには小嶺監督率いる長崎総科大付が立ちふさがるかもしれない。いずれは実現するであろう師弟対決が楽しみである。

長崎総科大付・小嶺監督の記事はこちら

長野県の高校サッカー

長野県の高校サッカーは平成に入り、松商学園の時代があり、東京都市大塩尻創造学園等の新鋭校の台頭、更に上田西の参戦で戦国時代の様相を呈している。それでも選手権にてベスト8以上の成績をおさめた事はない。まずはそれ以上の成績が目標である。

長野県は松本山雅FC、AC長野パルセイロの活躍でサッカー熱が盛り上がっている。下部組織の指導により、小中学生のレベルも上がってきており、これからの高校サッカーも非常に楽しみである。

最後に

白尾監督率いる上田西の台頭は長野県の高校サッカーに大きな影響を与えている。これからも頻繁に全国の舞台に顔を出す事だろう。これからの上田西の活躍を注目していきたい。

スポンサーリンク




 - サッカー