スポーツ情報&応援サイト すぽたま

スポーツをこよなく愛する者が、競技、選手、チーム等の注目した情報を書いていきます。

横浜隼人高校野球部と水谷哲也監督を甲子園で見たい

   

高校野球の戦国・神奈川県の中で異彩を放つ存在が横浜隼人である。創部当初から横浜隼人を率いているのが水谷哲也監督である。今回は横浜隼人と水谷監督について書いていきたい。

スポンサーリンク




水谷監督の経歴

水谷監督は徳島県出身で徳島市立高の野球部に在籍していた。当時の徳島県は蔦文也監督率いるやまびこ打線の池田が猛威を振るっていた時代だった。国士舘大学を経て野球部が創部されたばかりの横浜隼人に赴任した。

ほぼゼロからチーム作りを始め、横浜隼人を強豪に育てあげた。国士舘大学の後輩であり、一時期水谷監督の元で横浜隼人のコーチをしていた花巻東佐々木洋監督とは師弟関係である。

佐々木監督の記事はこちら

2009年には、ついに神奈川県を制して夏の甲子園に初出場を果たした。1回戦に勝利し甲子園初勝利をあげたが、2回戦では佐々木監督率いる花巻東に敗れた。この時の佐々木監督の涙は忘れられない。

ユニフォーム

横浜隼人のユニフォームは個性的である。阪神タイガースのユニフォームに酷似しているのだ。これは水谷監督が阪神タイガースの大ファンという理由からである。

横浜隼人が甲子園で戦う姿は見ていて本当に面白かった。そしてそのユニフォームと爽やかな戦いぶりは、甲子園をホームのような状況に変えた。また甲子園に帰ってきて欲しい。

グラウンド整備

保土ヶ谷球場で試合が行われる際、手際良くグラウンド整備を行っている横浜隼人の選手達がテレビで紹介された事があった。甲子園球場の整備をする阪神園芸から「隼人園芸」と称される。

野球以外の事でも注目を浴びる横浜隼人。今では部員も100人を超えている。ゼロからスタートした水谷監督の横浜隼人は確実に素晴らしいチームとして認識されている証拠である。

投手のキャッチボール

水谷監督の投手育成は独特である。横浜隼人の投手は立った相手に投げる事はない。ブルペン捕手は最初から座っているし、投手同士のキャッチボールでも受ける方は座る常にストライクを意識させているのだ。

また、キャッチボールから投球数を数えるという。横浜隼人は基本継投であり、投球数には注意を払っている。横浜隼人の投手の故障が少ないのは、水谷監督のこういった取り組みからくるものである。

身体づくり

横浜隼人では毎日体重計に乗るほど意識した身体づくりが行われている。冬場の練習では食事を摂りながらトレーニングする事もある。バットを使う以上、体重や筋力があった方が良いという水谷監督の考えが浸透している。

食事もトレーニングという考えである。しっかり食べるトレーニングをしていれば食べる量も増えてくるという。また、通学選手ばかりの横浜隼人の選手の家族も理解し、しっかり選手を支えているのも横浜隼人の強さの理由である。

最後に

横浜隼人のことが忘れられず、気になっている高校野球ファンも多いのではないか。毎年、神奈川県のベスト8には必ず入っている。その時点ですごい事だが、是非その姿はを甲子園球場で見たい。横浜隼人の活躍を心から祈っている

スポンサーリンク




 - 野球